脂肪吸引

  • 日帰りOK
  • モニター制度あり

いっきに理想の体型に 脂肪吸引

脂肪吸引専門 THE CLINIC 元院長 脂肪吸引のスペシャリストが在籍 脂肪吸引最大50%OFF モニター募集

こんな方におすすめ

  • 運動をしてもなかなか脂肪が落ちない
  • 体型がコンプレックスで自分に自信が持てない
  • 安全に気になる部分だけ脂肪をなくしたい

施術のポイント

余分な脂肪を根こそぎ吸引するのでリバウンドの心配がありません。東京美容外科の脂肪吸引は、豊富な経験と実績を持つ専門医が執刀し、安全な麻酔管理をしながら手術をします。入念なカウンセリングと緻密なデザインで理想のボディラインを作ります。

  • 料金
  • 症状
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

脂肪吸引は、理想の体型に近づける手術です。長年蓄積された頑固な脂肪も東京美容外科の脂肪吸引は日帰り手術が可能です。
最大のメリットは、脂肪細胞そのものが減るのでリバウンドのない治療ということです。
全体的に脂肪を取り除くことはもちろん、理想の体型に近づけるため、熟練の医師が患者様の理想に合わせて丁寧にデザインし、効率よく痩せたい部分だけをピンポイントに脂肪を削っていきます。

脂肪吸引の施術について

Point1 脂肪吸引成功の秘訣はデザイン力!

1万件を超える脂肪吸引手術実績を持つ脂肪吸引のスペシャリストによる豊富な知識と技術をもとに、当院の専門医が一人ひとりに合ったデザインの正解を導き出し、美しいボディラインを作ります。

Point2 解剖学を熟知した専門医集団

美容整形の中でも脂肪吸引は人気の施術ですが、体の構造を深く理解していないと、失敗や後遺症のリスクを伴います。
東京美容外科では、形成外科専門医の資格を持ち、解剖学に通じた技術のある医師のみが執刀を許されているので開院以来20年以上医療事故ゼロです。研修医上がりの医師がメスを握ることはありません。

Point3 麻酔のスペシャリストが在籍

東京美容外科における脂肪吸引手術は全身麻酔での施術を推奨しております。
なぜなら、脂肪吸引は死亡事故のリスクが高い施術ですが、その原因の一つに「麻酔の方法と管理不足」が考えられます。
全身麻酔は怖そうと思われる方や大がかりな手術をイメージする方も多いと思いますが、当院では麻酔のプロフェッショナル(麻酔科医)と執刀医がタッグを組んで患者様の呼吸や血圧の管理を徹底して安全かつ完璧にコントロールします。
痛みや出血などの手術ストレスから患者様を守るのはもちろん、術後の仕上がりにも大いに影響します。

脂肪吸引のダウンタイムと症状

傷跡:1週間後に抜糸または吸収糸を使用
圧迫:翌朝テープ+フェイスバンド圧迫
   術後3日までフェイスバンド圧迫をし、4日目から圧迫を外す
   ※フェイスバンドは家の中のみです
腫れ・内出血:2週間程度
拘縮:術後1ヶ月がピーク
   ストレッチやマッサージを行うことで消失

傷跡:1週間後に抜糸または吸収糸を使用
圧迫:術後3日間ガードル圧迫をし、4日目から圧迫を外す
腫れ:7~10日間が腫れのピークとなり、3~4週間で消失
内出血:2週間で消失
拘縮:術後1ヶ月がピーク
   ストレッチやマッサージを行うことで消失

施術方法

脂肪吸引できる部位

  • お腹
    下腹部、上腹部、わき腹と一番効果を出したい部位を選びウエストをシェイプします。
  • 大腿・下腿
    足やせ(太もも)希望も多く、細い美脚ラインを作ります。
  • お尻
    パンツからはみ出た無駄な脂肪を除去します。
  • 背中
    背中の上の膨らみや脇の下(ブラジャーのライン上)が気になる方におすすめです。
  • 二の腕
    半袖時の二の腕を気にされている方は以外に多いです。
  • 頬・顎・首
    二重顎の人、丸顔を小顔にしたい方。

カニューレ脂肪吸引

脂肪吸引は、数ミリほど切開をし、「カニューレ」と呼ばれる脂肪吸引専用の細い医療用吸引管を用いて直接脂肪を吸引します。カニューレは長さや形、太さが多種多様で何十種類もあります。しかし、それらを使い分ける技術が必要であり、脂肪吸引する場所や深さ(浅い脂肪層には細いカニューレなど)を考えて、適切なカニューレを選ぶことが大切です。

脂肪吸引のメリット・デメリット

脂肪吸引の最大のメリットは脂肪細胞の数そのものを減らし、術後も太りにくい状態を保てることです。また、部分痩せが可能なため希望の体型に合わせて細かくデザインし、体のラインを整えることができます。
デメリットは、内出血や腫れ・むくみが数日~数週間出ることです。また、施術部位や個人差によって痛みが出ることもあります。

施術の流れ

1.カウンセリング・デザイン

担当医師が患者様のお悩みやご希望をじっくり伺います。ご希望の体型や生活習慣に合わせて体全体のバランスを見ながら、デザインをします。カウンセリング時に手術の流れやアフターケア、費用のことなど詳細に説明しますので、わからないことがあれば、何でもご質問ください。

2.麻酔

麻酔科医によって全身麻酔を行いますので、術中の痛みはありません。

3.手術

脂肪吸引専用の細い吸引管(カニューレ)を使用し、デザインに合わせて脂肪吸引を行います。目立たない場所に切開傷を作りますので術後の傷跡はほとんどわかりません。

4.術後

圧迫を装着して終了です。

特徴

  • 麻酔部位により異なる
  • 施術時間30分~部位による
  • 傷跡徐々に目立たなくなります
  • 入院不要
  • 通院必要

脂肪吸引の保証制度

東京美容外科では術後安心保証のアフターサービス制度を設けています。
脂肪吸引を受けられた患者さまは、術後、どのようなトラブルであれ対応させていただきます。
詳しくは術後安心保証ページをご覧ください。

術後安心保証について

脂肪吸引の料金

部 位 単 位 料 金
頬(両側) 1回 220,000円(税込)
顎下(二重あご) 1回 220,000円(税込)
二の腕(両腕) 1回 330,000円(税込)
1回 165,000円(税込)
脇肉 1回 165,000円(税込)
胸下 1回 220,000円(税込)
1部位あたり 220,000円(税込)
背中 1部位あたり 220,000円(税込)
太もも 1部位あたり 220,000円(税込)
マッスル上腕 1回 500,000円(税込)
マッスル胸部 1回 500,000円(税込)
マッスル腹部 1回 1,000,000円(税込)

別途料金

項 目 単 位 料 金
ベイザーライポマティック使用 1部位 110,000円(税込)
血液検査 1回 11,000円(税込)
全身麻酔 1回 220,000円(税込)

オプション

項 目 単 位 料 金
エクスパレル
(超長時間局所麻酔薬)
1回 165,000円(税込)
セクレトーム点滴
(エクソソーム)
1回 110,000円(税込)
NMN点滴 1回 88,000円(税込)
ハイブリッド点滴
(セクレトーム&NMN)
1回 165,000円(税込)
幹細胞培養上清液
(ステムサップ)
1本 66,000円(税込)
サージセルパウダー 1回 110,000円(税込)
赤坂院限定
エンブレイスRF(アキュタイト)
全顔 620,000円(税込)
  • ※他院修正は各料金の20%アップで対応いたします。

症例モニター募集

脂肪吸引 のリスク・副作用と術後の注意点

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。

  • シャワーは翌日から可能ですが、抜糸までの約1週間はシャワーのみにとなります。抜糸後は入浴可能です。
  • 手術当日より、吸引を行った部位は圧迫を行います。術後の腫れをおさえたり、血腫等の合併症予防にもとても大切なので、圧迫の指示を必ず守って下さい。
  • 吸引部位は手術後、一時的に硬くなったり、凸凹が目立つことがありますが、徐々に柔らかくなじんでいきます。最終的に落ち着くのは約6カ月です。

症例

施術名:脂肪吸引

施術の説明:余分な脂肪を取り除く手術

施術の副作用(リスク):凹凸・拘縮・感染・傷跡・痛み・むくみ・赤み・腫れ・内出血

施術の価格:220,000円(税込)~※部位により異なる

もっと見る

脂肪吸引のよくある質問

Q.全身の脂肪吸引は可能でしょうか?

A.皮下脂肪のついている部分であれば、全身の脂肪吸引が可能です。
専門医がお悩みやご要望に合わせて適切な施術をいたします。

Q.リバウンドが心配です。また、治療後はすぐに効果がありますか?

A.脂肪吸引は脂肪細胞そのものを減らすのでリバウンドがありません。
治療後から効果を実感いただけますが、約半年かけてさらに細くなっていくので
日を追うごとに実感いただけます。

Q.脂肪吸引は凹凸が出ると聞いて不安です。

A.凹凸ができてしまうのは術者の技術によるところが大きいです。
東京美容外科では体の状態を見て脂肪を取る箇所や取る量などを適切に見極めてデザインを行い、
解剖学の知識を持った形成外科専門医が施術をするため治療後の凹つきなどの心配はありません。

Q.脂肪吸引で何キロ落とせますか?

A.脂肪吸引では体重の変化はほとんどありません。脂肪吸引は、あくまでも見た目を細くする、もっと言えば体のラインを整えるためであり、体重を軽くするための手術ではないのです。ただし、体型をキープするため自発的に生活習慣を変えて結果的に減量される患者様もいらっしゃいます。

Q.脂肪吸引とダイエットどっちがいいですか?

A.脂肪吸引は皮下脂肪を取り除く手術です。脂肪細胞そのものを減らすので術後も太りにくい状態を保ちます。一方、ダイエットは脂肪細胞の数は変わりませんので生活習慣が戻るとリバウンドしてしまいます。また、ダイエットで全身の脂肪細胞がまんべんなく小さくなるため、部分痩せは医学的に難しいと証明されています。ご自身の生活習慣や痩せたい部位、なりたい体型に合わせて選択しましょう。

Q.脂肪吸引の危険性とリスクはありますか?

A.脂肪吸引が危険と言われているのは多くの場合、麻酔の管理や医師の技術不足が原因と考えられます。
当院では麻酔科医による患者様の安全性を徹底管理し、経験豊富な形成外科専門医が執刀するためリスク回避・医療事故防止に努めています。

脂肪吸引の関連記事

監修医師紹介

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

日本形成外科学会
日本美容外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本抗加齢医学会

  • 特長・料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

関連施術

GLP-1メディカルダイエット

無理のないダイエット治療

ベイザー脂肪吸引

超音波で痛みや腫れを最小限に抑え脂肪をしっかり除去

ライポマティック脂肪吸引

超音波で痛みや腫れを最小限に抑え脂肪をしっかり除去

マイクロエアー脂肪吸引

超音波で痛みや腫れを最小限に抑え脂肪をしっかり除去

肩こりボツリヌストキシン

注射だけ!短時間で肩こり治療

BBX(ダイエットサプリ)

医師が推奨する科学的検証に基づいた天然原料の食欲抑制サプリ

Corrm(コルム)ダイエットサプリメント

改善で太りにくく、痩せやすい腸内環境を整える「腸活ダイエット美肌サプリメント」

FatX(ファットエックス)

新世代の脂肪溶解注射で脂肪細胞を減らしリバウンドのしにくい体へ

ダイエット注射

手軽にダイエット・脂肪燃焼させたいなら

東京美容外科の特長

脂肪吸引 が治療可能な院

東京美容外科には様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています

東京美容外科には日本形成外科学会 認定専門医、日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会 会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会 専門医、日本形成外科学会 会員、日本熱傷学会 会員、日本創傷治癒学会会員、日本抗加齢医学会 専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本レーザー医学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

また定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。
美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った東京美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。