小顔・輪郭・顎(あご)・エラの治療・整形

あなたの理想とするファイスライン 美しい輪郭へ導きます

輪郭形成

目的別でみる施術方法

東京美容外科 赤坂院 副院長
山本 崇弘 医師

「顎や輪郭をシャープに整えたい」「面長な顔を小顔にしたい」「えらをスッキリさせたい」「額に丸みが欲しい」「張り出した頬を小さくしたい」フェイスラインの中でもえらやおでこ、顎のバランスなどはダイエットやメイクではなかなか変えることができない部分です。

人気のえらボツリヌストキシンは、発達した顎の筋肉を抑制することでスッキリとした小顔効果が期待できます。長期的な効果を求められる方にはえらの咬筋(噛む筋肉)切除という方法もございます。えら・顎・頬の骨格的な原因によるお悩みは、東京美容外科の最高レベルの医療技術と最新器具を使用し調整を行います。

また、骨切りや、口横の脂肪切除(バッカルファット)は口の中からアプローチするため、術後の傷跡は外から見えることはありません。今までは大きな切開手術が必要だった額プロテーゼは、多くの医療分野で信頼されているハイドロキシアパタイトを使用し、小さな切開口から注射器で注入するためダウンタイムも短く腫れも少ないのが特徴です。東京美容外科では、患者さまとのコミュニケーションを重視し、最適な施術方法をご提案いたします。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

関連コラム

もっと見る

小顔・輪郭・顎(あご)・エラの治療・整形が治療可能な院

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約