医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師 Toru Aso

Amebaブログ

インスタグラム

皆さんこんにちは。
私が美容外科を始めてちょうど、14年になります。

それまでは、大学病院で、形成外科を専攻しておりました。
美容外科を始めたばかりの頃は、形成外科医師としての未練もあり、また、経済的な理由により美容外科医師になった自分を恥じるような気持ちもあり、自分の仕事に誇りを持てない時期がありました。
ですが、美容外科医師を続けて行くうちに、多くの患者さまの笑顔と喜びの声を聞くことができるようになり、私は、患者さまのお陰で、自分の仕事に対する自信と誇りを取り戻すことができました。
今は、美容外科という仕事が大好きで、大好きでたまりません。

その後、アメリカのビバリーヒルズ、美容先進国の韓国等、様々な国に行き、様々な手技を修得いたしました。
そして、東京美容外科を続けて行くうちに多くの仲間に出会い、志しを同じくするドクターをパワーパートナーに迎えることができました。
私たちは、さらに、より高いレベルでの美容医療を実現することができるプロのチームです。

美容外科医という仕事に対する自信。
東京美容外科というクリニックに対する自信。
そして、自分の手術に対する自信。

この、三つの自信は、どこのクリニックにも負けないと思っています。
東京美容外科は、私達が今日まで、全身全霊をかけて修得した、様々な美容外科手術を高いレベルで提供することを目的に開院することとなった私たちの夢のクリニックです。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

日帰り豊胸で理想のサイズにエンジェルバック(豊胸/バック挿入)

専門分野

  • 豊胸(バック挿入)
  • 眼瞼下垂
  • 二重
  • 鼻中隔延長
  • 鼻形成
  • 男性ボディ形成
  • 他院修正

医療・学会・メディア活動

医療活動一覧へ

患者さまへ

数あるクリニックの中から、我々のクリニックを選択して頂き、本当にありがとうございます。
あなたの選択を最善でそして最良のものにするため、全身全霊、真心を尽くして手術にあたることをお約束します。
人生の質は、何事も、あなたの選択の質にかかっています。
上質を追求するなら、是非当院にお越しください。
我々は、常に、患者さまに勇気と希望を与える美容外科医でありたいと願っています。

【座右の銘】

過去は変えられない。でも未来は変えられる。

学歴

1999年 藤田保健衛生大学 卒業
2018年 慶應義塾大学 医学部大学院にて医学博士号取得

経歴

2000年10月 大阪医科大学にて研修修了
2001年4月 大阪医科大学 麻酔科にて研修修了
2001年5月 岡山大学 形成外科 医員
2002年1月 大手美容外科 院長及び診療部長を歴任後
2004年5月 東京美容外科 設立
2014年7月 東京美容外科 東京銀座院の院長となる
2015年4月 医療法人社団東美会 理事長となる
2018年12月 東京美容外科 東京赤坂院の院長となる

所属学会

  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージャリー学会

海外経歴

  • 韓国BK東洋クリニックにて美容外科留学
    顔面輪郭骨削り手術の世界的権威であるDrホンの下、顔面骨切り手術を集中的に学ぶ
  • 韓国シンミアン美容外科にて美容外科留学
    鼻形成専門美容外科のチョンドンハク先生のもとで鼻中隔延長手術等、鼻形成手術について重点的に学ぶ
  • 韓国ハンリム医科大学にて形成外科留学
    ソーインソック教授の下、ふくらはぎの選択的神経切断術を学ぶ
  • 中国延世保健病院 診療アドバイザー

学会・海外活動はこちら

学術論文

Tumescent法を用いた豊胸術の有用性について

  • 掲載誌名:日本美容外科学会誌 45:299-305.
  • 掲載:2008年
  • 著者(主著):麻生泰、清水雄介

A new non-incisional correction method for blepharoptosis.

  • 掲載誌名:Journal of Plastic Reconstructive and Aesthetic Surgery.63:2004-12.
  • 掲載:2010年
  • 著者(共著):Asou T, Shimizu Y, Nagasao T

Combined usage of intercostal nerve block and tumescent anesthesia- an effective anesthetic technique for breast augmentation.

  • 掲載誌名:Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery.48:51-55.
  • 掲載:2014年
  • 著者(共著):Asou T, Shimizu Y, Nagasao T, Taneda H, Sakamoto Y, Kishi K

Alternative continuous quilting suture technique for preventing hematoma in axillary osmidrosis.

  • 掲載誌名:Dermatol Surg. 40:1058-60
  • 掲載:2014年
  • 著者(共著):Asou T, Shimizu Y, Nagasao T, Kishi K

Anatomical Study of Perfusion of a Periosteal Flap with a Lateral Pedicle

  • 掲載場所:Keio University
  • 掲載:2018年
  • 著者(共著):Boktae Kim(Asou T), Yoshikazu Inoue, Nobuaki Imanishi, Hak Chang, Yusuke Shimizu, Takayuki Okumoto, Kazuo Kishi

メディア情報

白誠書房より全国書店で9月15日発売「美容外科医の本音」東京美容外科 統括院長 麻生 泰[著]

「明日、必要とされる医師」未来を変える、美容整形 麻生 泰

整形ヒストリー

before

after

before

after

[施術のリスクと術後の注意点]

  • 平均的な腫れの期間は埋没の場合3日程度です。目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきますのでご安心ください。
  • 内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約