究極のダイエット法「脂肪吸引」の気になるメリット・デメリット

脂肪吸引について

美容やダイエットに興味のある方なら一度は「脂肪吸引やってみたいな...」と思ったことがあるのではないでしょうか。
脂肪吸引とはその名の通り体内から脂肪を吸引する美容施術のことを指します。
脂肪吸引について調べると、脂肪を構成している脂肪細胞の数を物理的に減らすことができることから、つらい食事制限の必要がなく、リバウンドもしにくいなど良いことばかりが目につきます。では、脂肪吸引にデメリットはないのでしょうか?
この記事では脂肪吸引のメリットとデメリットをご紹介します。

脂肪吸引のメリット

落ちにくい皮下脂肪にアプローチできる

脂肪吸引を行う最大のメリットは、無駄な脂肪を除去することで、細い体や引き締まった体を手に入れることができるという点です。

そもそも脂肪というのは「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2つの種類に分けられます。
そのなかでも内臓脂肪は、ウォーキングをはじめとした有酸素運動で燃焼されやすく、比 較的簡単にシェイプアップが可能です。

対して皮下脂肪は運動では落ちにくく、脂肪を減らすためには地道な食事制限や運動など のダイエットを長期間続けることが必要でとなります。
それだけに、一度ついてしまった皮下脂肪をセルフケアだけで減らしていくのはなかなか難しい傾向にあります。

しかし、脂肪吸引であれば無駄な脂肪を簡単に取ることができるというわけです。

部分痩せができる

通常のダイエットでは全体的に脂肪を落とすことはできても、部分的に脂肪落とすというのはなかなかできません。 そのため、ダイエットによって胸がサイズダウンしてしまうというのもよくある話です。しかし、脂肪吸引であれば気になる部分にだけアプローチすることができるので、より理想的なボディラインに近づけることが可能となります。

リバウンドしにくい

体内の脂肪を吸い出す脂肪吸引は、リバウンドしにくいこという特徴があります。その理由には、脂肪細胞の仕組みが深く関係しています。
脂肪は脂肪細胞によってつくられます。そして脂肪細胞は生まれもってその数が決まって おり、太っても痩せても細胞の数が増減することはありません。
しかし、脂肪吸引は脂肪細胞そのものを吸引します。脂肪をつくりだす脂肪細胞の数が減 り、太りにくい体質に変化するため、リバウンドのリスクが低く、半永久的にダイエットの効果を得られるのです。

脂肪吸引のデメリット

費用が高い

つらい食事制限をすることなくスッキリとした体を手に入れられるというのは非常に魅力的ですが、脂肪吸引はやはりそれなりの費用がかかってしまいます。
脂肪の量や施術を行う部位によっても値段は変わってきます。
また、美容外科のホームページに記載されている料金のほかにも麻酔代やお薬代など別途費用がかかることがありますので、カウンセリングの際にしっかり確認するようにしてください。

ダウンタイムが長い

ダウンタイムというのは、施術を受けてから回復するまでの期間を意味します。
特にメスを使う脂肪吸引は、吸引を行った部分に腫れや内出血を伴うことが多く、部位や痛みの程度によっては仕事を休むことも検討する必要があります。

失敗のリスクがある

傷が目立ってしまったり、吸引した部分がボコボコしたり、不自然なボディラインになるといった失敗もまったくないわけではありません。
美しい体を手に入れるはずが、失敗によって逆にコンプレックスになってしまった...とならないためにも、知識や経験が豊富な信頼できる医師選びが大切です。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約