張り出したえらをどうにかしたい!えらボツリヌストキシンの注入で手軽に小顔を実現


えらが張って顔は大きく見える!原因を知ろう!

スッキリした小顔というのは多くの女性にとって憧れの姿。そんな小顔と対照的なのが、えらが張った大きな顔です。えらが張っていると、輪郭が広がってしまいます。小顔の人の隣に並ぶと、一回りも大きく見えてしまいますよね。
いくら目鼻立ちが良く、それぞれのパーツが魅力的でも、フェイスラインが崩れてしまっていてはバランスが悪くなってしまいます。太って頬に肉が付いたり、加齢でたるんだりしてしまっては、もっと悲惨なことになってしまうでしょう。
えらは、「骨格」と「咬筋」のどちらかに原因があり、それぞれの原因によって対処方法も違います。そんなえらの原因と対処方法についてご紹介します。

生まれ持ってのえら顔はやはり骨格のせいでした・・・対処方法は?

まずは骨格が原因のえら張り顔です。骨格は生まれつきのもので、固くてしっかりしているため、自分で治そうとすることは至難の業です。頭蓋骨矯正や骨気などもありますが、効果には個人差があります。
そして骨格を変えるためにあるのが、えらの骨を削り落とす施術です。角張ったえらを削り落とすことで、シャープでスッキリした輪郭になれます。また、口の中からメスを入れるので、外から見ても施術したことはわからないのです。
しかし、えらで悩んでいる人のほとんどは骨格が原因ではないということを知っているでしょうか。

えらの原因のほとんどは骨格じゃない!?咬筋って何?

えらが張る原因のほとんどは、実は「咬筋」と呼ばれる筋肉が原因です。えらのあたりに手を当てて、口を開けたり閉じたりすると動く筋肉がありますよね。これが咬筋です。
咬筋は咬む(かむ)筋肉とも書くくらいで、咀嚼するための筋肉です。強く噛みすぎたり、歯を食いしばったりする癖がある人は、咬筋が凝り固まってしまいます。この咬筋のコリこそがえら張りの原因なのです。
咬筋のコリは自分でマッサージをしてほぐすことができます。もっと即効性のある効果が欲しい人には、咬筋を除去する手術もあります。

気軽に小顔!えらボツリヌストキシンは注入するだけ?!

マッサージよりは即効性があり、除去する手術よりも気軽に行うことができる施術が、えらボツリヌストキシンの注入です。ボツリヌストキシンは、筋肉を抑制する働きのある物質です。ボツリヌストキシンを咬筋に注入することにより、角張ったえらを解消することができます。
プチ整形ではありますが、手術時間も約10分と短く、注射なので手術した跡も残りません。効果が持つのは約4~6ヶ月で、定期的に施術を受けることで持続させることができます。
即効性は欲しいけど、メスを入れるのは怖いという人に、えらボツリヌス注射はおすすめです。えらをなくして気軽に小顔になることができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約