大きな顔を髪型でカバーして、小顔に見せる!人気の髪型トップ5


ショートヘア or ミディアムヘアで小顔効果!

幅広い年齢層に支持されるショートヘアは、顔周りの印象をぐっと変えてくれる万能ヘアスタイル。ショートヘアに抵抗のある方は、フェミニンなショートボブやミディアムヘアから挑戦してみてもいいでしょう。
小顔効果を期待できるヘアスタイルのポイントは、前髪の長さとフェイスラインを包み込むカットです。前髪とサイドの髪の毛で、顔の輪郭を自在にデザインしていきます。
例えば前髪でおでこの面積を狭めたり、サイドの髪の毛で頬から顎のラインを上手に隠したりすることで憧れの小顔をゲットできます。特にサイドの髪の毛が顔の輪郭をナチュラルにカバーする決め手です。

ロングヘアもアレンジ次第で小顔効果!

まとめ髪にすると、顔の大きさが強調されてしまうのでは?と考えがちですが、意外にも小顔効果が期待できるのがロングヘア。上手にヘアアレンジすれば、あなたも憧れの小顔美人に近づきます。
まとめ髪の強みは、その立体感にあります。サイドやトップのボリュームを出したり、後ろに奥行きを出すことによって小顔効果を発揮します。
ヘアアレンジが苦手な方には、お手軽にできるサイドのアレンジがおすすめです。三つ編みをゆるめに編んだり、おだんごをサイドに寄せたり、ちょっとした工夫で小顔になれます。合わせて前髪でおでこを隠したり、顔周りにふんわりと後れ毛を残したりするアレンジも覚えておきたいテクニックです。

カラーとパーマで小顔効果!

カットやヘアアレンジのほかに、ヘアカラーやパーマでも小顔効果を得られることを知っていますか?
ヘアカラーでは、髪に暗い部分と明るい部分を作り、立体感を出すことで小顔効果を狙います。顔周りのカラーを暗くすると、輪郭が引き締まった印象になるのです。
また顔周りにパーマをかけることで小顔になる方法もあります。ショートヘアならば顔周りに縮毛矯正をかけ、わざと髪の毛をフェイスラインに沿うようにすることも。ミディアムやセミロングの場合には、顔周りにふんわりとボリュームを出すことで小顔効果が得られます。

小顔効果には全体のシルエットが大切!顔型に合わせた小顔ヘアとは?

顔型によって小顔効果を発揮する髪型は異なります。ポイントを押さえて自分に合った髪型を探しましょう。
えらが張っているベース型は、髪型をひし形のシルエットにすることで、出っ張りを隠し小顔になれます。面長型は、前髪でおでこを隠すことがポイントです。眉下まで前髪を持ってくると小顔感がアップします。丸顔はショートやボブでサイドにボリュームを出す髪型がおすすめです。ロングヘアの場合は縦長効果と合わせて、レイヤーやウェーブで顔周りに動きを出しましょう。
髪型による小顔テクをマスターすれば、小顔美人も夢ではありません。ヘアスタイルを楽シミながらもっと小顔になる髪型を選んでみてはいかがでしょうか。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

目的別でみる施術方法

小顔・輪郭・顎(あご)・エラの治療・整形施術の症例写真