切らない目の下のクマ・たるみ取り

  • 日帰りOK
  • 当日施術可

こんな方におすすめ

  • 目の下の膨らみが気になる
  • メイクでクマを隠せない
  • 目が老けて見える
  • よく疲れて見られる
  • 目元にハリがない

施術のポイント

目の下の突出した眼窩脂肪をまぶたの裏側から皮膚を切らずに取り出すので傷口が目立つ心配がありません。

  • 料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

目の下のクマ・たるみについて

目の下のクマやたるみは、年齢を感じさせる大きな要素ですので、この部位を治療してあげるだけで顔全体の印象が変わります

切らない目の下クマ・たるみ取り(経結膜アプローチ法)

目の下の「膨らみ」に対する基本的な治療は、突出した眼窩脂肪を取り除くことです。
方法としては、まぶたの裏側から脂肪を取り出す、経結膜アプローチ法を行います。
皮膚を切る必要がありませんので傷口が見えないのが特徴です。

特徴

  • 麻酔 局所麻酔
  • 施術時間 20分
  • 傷跡 残りません
  • 入院 不要
  • 通院 不要
  • 洗顔 翌日可 ※施術箇所以外
  • メイク 翌日可 ※施術箇所以外

目の下のクマ・たるみの原因

黒く見えるクマは、目の下のふくらみ(目袋)により出来ることが主な原因です。
この目の下のふくらみ(目袋)は、加齢に伴い眼窩脂肪(がんかしぼう)が突出してくることにより形成されます。
症状としては目の下が脂肪でふくらみ、そのふくらみの下が影となって黒ずんで見えている状態です。

切らない目の下のクマ・たるみ取りの保証制度

東京美容外科では術後安心保証のアフターサービス制度を設けています。
切らない目の下のクマ・たるみ取りを受けられた患者さまは、術後、どのようなトラブルであれ対応させていただきます。
詳しくは術後安心保証ページをご覧ください。

術後安心保証について

切らない目の下のクマ・たるみ取り の料金

施術方法 単 位 料 金
経結膜アプローチ法 両 目 275,000円(税込)
  • ※他院修正は各料金の20%アップで対応いたします。
  • ※麻生統括院長の施術料金は通常料金より1.5倍増とさせていただいております。
  • ※上記料金は全て税込になっております。
  • ※提携メニューは「オラクル美容皮膚科」の施術になります。
  • ※当院の治療は保険診療適応外の自由診療になります。

症例モニター募集

切らない目の下のクマ・たるみ取り の症例写真

この診療科目の症例・体験談はありませんでした。

現在モニター募集中です。症例・体験談をご掲載していただける方に割引のご案内をしております。

切らない目の下のクマ・たるみ取り のよくある質問

Q.腫れや内出血はどのくらいありますか?

A.個人差があります。ほぼ内出血がない方もいらっしゃいますが余裕を見て1週間は安静にしてください

Q.若いけど脂肪を取ることは可能ですか?

A.生活習慣による眼精疲労が原因で、若い方でも適応の方が増えています。まずは無料カウンセリングでご相談ください。

関連動画

関連する動画はありませんでした。

  • 特長・料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

関連施術

埋没二重

人気の高い埋没法で自然な二重

まぶたの脂肪取り

スッキリとしたまぶたに

切開二重(全切開)

華やかで美しいくっきり二重

アーモンドアイ ボツリヌストキシン

切らずに注射だけでできる垂れ目形成

眼瞼下垂・オープンアイズ

魅力的で自然な仕上がりに

目頭切開

大きく華やかな目元に

蒙古ヒダ形成(目頭切開修正)

切りすぎた目頭も優しく可愛らしい目元に!

目尻切開

目尻で雰囲気のある目元を演出

目の上のたるみ取り/ブローリフト

老けて重たく見られる目元をスッキリ

ヒアルロン酸涙袋形成

ぷっくりとした涙袋で可愛らしい印象に

目の下のたるみ取り(皮膚切除)

老けて重たく見られる目元をスッキリ

目の下のたるみ取り(ハムラ法)

目の下の黒クマを解消して目元をスッキリ

目の下の脂肪再配置(裏ハムラ法)

目の下のクマやたるみを解消してスッキリした目元に

東京美容外科の特長

切らない目の下のクマ・たるみ取り が治療可能な院

東京美容外科には様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています

東京美容外科には日本形成外科学会 認定専門医、日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会 会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会 専門医、日本形成外科学会 会員、日本熱傷学会 会員、日本創傷治癒学会会員、日本抗加齢医学会 専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本レーザー医学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

また定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。
美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った東京美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。