目を大きくしたい!目尻切開と目頭切開、どちらを選べばいい?


目を大きくするための施術は「目尻切開」と「目頭切開」の2パターン

小さな目、印象の薄い目、きつくて暗く見える目など、目に悩みを抱えている女性は多くいます。中には「もっと大きくぱっちりした目になりたい」「美しく印象的な目にしたい」と考えて、美容外科での施術を検討している人もいるでしょう。では、目を大きくするために一般的に行われている施術にはどのようなものがあるのでしょうか。
それは大きく分けて「目尻切開」と「目頭切開」の2つの方法です。これらは目を横に大きくすることで白目の部分が大きくなり、顔の幅が小さく見えることから小顔効果も得られます。しかし同じように目を横に大きくする方法でも、その施術方法や注意点には違いがあります。

目尻切開の方法と効果は?

目尻切開では、目尻を数ミリ切開することによって目を横に大きくし、切れ長の目元に整えます。きつい印象に見えがちな「細くて小さい目の人」は目尻の上下のラインが緩やかになり、優しい印象になります。また目尻からこめかみまでの幅が狭くなるため、フェイスラインをきゅっと引き締める小顔効果も得られます。
ただしこの方法は、目尻に隠れている白目の大きさによっては効果が実感できない場合や通常では見えない粘膜が見えてしまう場合があり、向き不向きには個人差があります。さらに切開したことで新しくできた目尻部分は、わずかではありますがまつ毛が生えないことも注意しておくべき点でしょう。

目頭切開の方法と効果は?

目頭切開では、東洋人特有の蒙古ひだを数ミリ切開して取り除くことによって、蒙古ひだに隠れている白目や涙丘という粘膜を露出させて目を横に大きくします。目と目の間が離れている人には効果的で、末広型の二重を平行型にしたい人やぱっちりとした華やかな印象の目元を望む人にも向いています。また、この施術を行うと鼻が高く見える効果も得られます。
目頭切開はたった数ミリの切開で印象を大きくかえる効果がある反面、繊細な技術を求められる手術です。この方法を選ぶ際には実績のある病院での施術をおすすめします。

目尻切開と目頭切開、本当に目が大きくなるのはどっち?

目尻切開と目頭切開では、目頭切開の方が目は大きく見えると言われています。なぜなら目尻よりも、目頭を切開するほうが隠れている部分をより大きく目を露出できるからです。
目尻切開に関しては人によっては露出できる部分がほとんどなく、無理をすると不自然に粘膜が露出してしまいます。ただし、寄り目の人やつり目の人が手術をする場合と、他の施術との組み合わせ次第ではナチュラルな目元にする効果を期待できます。
目尻切開と目頭切開のどちらを選択するかは、医師と相談の上シミュレーションを重ねて慎重に決めるとよいでしょう。いずれの方法も数ミリ単位で目にメスを入れるので、信頼できると思った病院を選ぶことが大切です。

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

目元施術

華やかな二重に

腫れぼったい目元に

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元施術の症例写真