鼻手術 ~手術後の注意事項 ダウンタイム~

こんにちは、東京美容外科 麻生です。

今回は鼻の手術後の注意事項として、ダウンタイムについて解説します。

手術後の注意事項

術後のダウンタイムの一般的な症状と、副作用及び合併症などにより見られる症状を知っておくと、術後のケアにも役立ちます。

ダウンタイム

鼻の手術後に、患部の違和感や腫れ、あざなどの症状が残る期間をダウンタイムといいますが、これは手術の際に生じたダメージが回復する自然な過程です。

鼻の手術後の違和感は、約3~4日で強いものは軽減し、約1週間後にはほぼ治まります。

手術後3日間は腫れが生じますが、徐々に治まり約2ヶ月後にはむくみもほぼ治まります。
腫れの治まる過程では、鼻の左右の形や大きさがが非対称に感じることもありますが、最終的な経過判断は、完全に腫れやむくみが治まる約6ヶ月以降に行います。
東京美容外科では手術後にテーピングやギプスを使うことで腫れやむくみを予防します。

手術後に発生するあざは、違和感と共に回復していきます。
場合によっては約2週間後に腫れと共に青あざが生じる場合がありますが、約1~2週間で回復します。

次回は、手術後の注意事項として、副作用と合併症について解説します。

鼻の手術なら、東京美容外科へお問い合わせください!

<フリーダイヤル>0120-658-958
http://www.tkc110.jp/yoyaku/

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約