豊胸の他院修正

最終更新日:2024年05月24日

痛み・変形・しこり・硬さなど様々な不具合を解消します 豊胸の他院修正

20年以上
医療事故0

豊胸手術実績
1.5万件※1

他院修正実績
年間250件以上※2

  • *1 2022年11月時点(2013年11月~2022年11月までの実績件数より)
  • *2 2023年2月時点(2018年4月~2023年12月までの実績件数より)

豊胸の他院修正とは

主にアクアフィリング・ヒアルロン酸・脂肪注入・シリコンバッグの豊胸を他院で手術後、時間の経過とともに痛みや変形、しこりなど何らかの症状が現れた場合や仕上がりが気に入らない場合などに当院で除去を行います。

アクアフィリング豊胸の除去と修正

アクアフィリング豊胸とは、水とポリアミドを配合した「アクアミド」という成分で構成されている注入剤です。アクアリフト、ロスデライン、水性ジェルなど様々な呼び方があるようです。ヒアルロン酸よりも体内組織に馴染みやすく持続性が高い、水で簡単に除去できるといった謳い文句で登場しましたが実際は体内の脂肪や組織を溶かして炎症などを引き起こす危険な成分なのです。
特に症状がない場合でも体内を移動して脂肪や組織を溶かすことで健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、すぐに除去が必要です。
アメリカやEU、中国では禁止されている手術方法で、日本でも推奨されていません。

アクアフィリングの除去+シリコンバッグ豊胸の症例

CASE01

数年前に他院でアクアフィリングを両胸にそれぞれ200㏄入れた患者様です。左右が非対称で変形が見られました。除去・洗浄後にシリコンバッグ豊胸を行いました。

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

アクアフィリング除去+シリコンバッグ豊胸(Motiva2 右475demi/左550full)

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

◀ 体内から出たアクアフィリング製剤

  • ※注入時は無色透明であったアクアフィリングが皮膚や体内の組織を溶かすことで黄色く変色

CASE02

他院でアクアフィリングを両胸に注入された患者様です。両胸に入れたアクアフィリングが上部から下部に移動して変形し、突出していました。大胸筋下にもアクアフィリングが入り込んでおり、除去・洗浄後にシリコンバッグ豊胸を行いました。

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

▼ アクアフィリングが上部から下部に移動し、変形

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 before【3枚目】

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 before【4枚目】

アクアフィリング除去+シリコンバッグ豊胸(Motiva2 右235demi/左235demi)

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 after【5枚目】

アクアフィリング豊胸の他院修正の症例写真 after【6枚目】

施術名:アクアフィリング製剤除去・シリコンバッグ豊胸

施術の説明:アクアフィリングを除去し、シリコンバッグを挿入してバストアップする手術

施術の副作用(リスク):血腫・カプセル拘縮・感染・傷跡・左右差・痛み・むくみ・赤み・腫れ・内出血

施術の価格:800,000~1,800,000円(税込)

関連動画

よくある質問

  • アクアフィリング除去のみをしてもらうことも可能ですか?

    • 可能です。ただし、アクアフィリング製剤の除去は「生理食塩水で簡単に溶解できる」といったことはありません。
      あらゆる層や範囲に広がっている可能性があるアクアフィリング製剤を完全に取り除くには、医師の技術と経験が必要不可欠です。
      また、アクアフィリング製剤は体内の組織を溶かし移動する恐れがある製剤です。組織にはもちろん胸の脂肪も含まれておりますため、注入量や注入部分にもよりますが除去後のお胸はボリュームが無くなるのと共に変な凹つきのある形となる事案が多いことも事実です。
      東京美容外科ではしっかり洗浄をした後にシリコンバッグで綺麗なお胸を形成することをおすすめしております。
  • アクアフィリング豊胸しています。将来、母乳に影響がでないか心配です。

    • アクアフィリング豊胸による母乳(授乳)への影響は一切ないとは言えません。
      アクアフィリング製剤は、正しく乳腺下に注入しても術後に体内を移動(ミグレーション)する可能性が大きくあります。
      乳腺に移動し、炎症が乳管に広がるとアクアフィリング製剤が母乳に混ざる可能性があります。

ヒアルロン酸豊胸の除去と修正

ヒアルロン酸豊胸は、注入直後から徐々に体内に吸収されていく製剤です。
個人差がありますが、代謝が良い方は注入1週間後から無くなった実感をされる場合もあります。ただし、注入したヒアルロン酸が完全に吸収されず、いびつなしこりとなって残る場合もあります。
日本美容外科学会ではヒアルロン酸注入による豊胸術を行わないことを強く推奨されています。

ヒアルロン酸の除去+シリコンバッグ豊胸の症例

CASE01

他院でヒアルロン酸豊胸を2回行い、片胸でトータル200cc程注入された患者様です。両側の乳房が変形し、左胸は6cm以上の硬いしこりとなりカプセル拘縮となっていました。

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

ヒアルロン酸除去+シリコンバッグ豊胸(Motiva2 400full)

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

CASE02

ダウンタイムや痛みが心配でヒアルロン酸豊胸をされた患者様です。明らかなヴァージスライン(乳房下溝線)の高さの左右差とバストの左右差がありました。痛みが強く夜も眠れず、腕も動かしにくくお仕事に支障をきたしていたようです。

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

ヒアルロン酸除去+シリコンバッグ豊胸(Motiva 285demi)

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

ヒアルロン酸豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

施術名:ヒアルロン酸除去・シリコンバッグ豊胸

施術の説明:ヒアルロン酸を除去し、シリコンバッグを挿入してバストアップする手術

施術の副作用(リスク):血腫・カプセル拘縮・感染・傷跡・左右差・痛み・むくみ・赤み・腫れ・内出血

施術の価格:300,000~1,200,000円(税込)

関連動画

よくある質問

  • ヒアルロン酸はどのように除去しますか?

    • ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼという溶解液を注射し、除去します。
      ただし、瘢痕化したしこりは切開をする場合がありますが、通常は溶解液で除去することで解決します。
  • すぐに無くなることを承知の上で、試しにするのもやめたほうが良いですか?

    • やめたほうが良いです。乳腺の下にヒアルロン酸を注入しますが胸に使用するヒアルロン酸は柔らかく下のイラストのように一塊になりません。また、溶けるとはいえ消えてなくなるわけでは無いため、後々シリコンバッグ豊胸をしたい場合は残ったヒアルロン酸は溶解し除去する必要があります。

脂肪注入豊胸の除去と修正

脂肪注入豊胸は、自身のお腹や太ももなどから吸引した脂肪を胸に入れる手術です。
自分の脂肪を使っているので、アレルギーや副作用に悩まされる可能性が低いとされています。しかし、一気に入れてしまうと大きな塊になり、血流の悪い脂肪の内部は壊死する可能性があり、血管と結びつかずにしこりになる(オイルシスト)ことがあるため、医師の高い技術が必要です。

脂肪注入の除去+シリコンバッグ豊胸の症例

CASE01

数年前に他院で脂肪注入豊胸を2回行いましたが、元の大きさに戻ってしまい、除去後、シリコンバッグ豊胸を行いました。

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

脂肪除去+シリコンバッグ豊胸(ベラジェル 250H)

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

CASE02

他院で脂肪注入豊胸後、1年経たないうちにしこりだらけになり、大きなしこりと変形が見られました。綺麗に除去・洗浄後、シリコンバッグ豊胸を行いました。

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

◀ 取り出したしこり

しこり除去+シリコンバッグ豊胸(Motiva2 250㏄Demi)

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

脂肪注入豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

施術名:脂肪除去・シリコンバッグ豊胸

施術の説明:脂肪注入豊胸後の脂肪やしこりを除去し、シリコンバッグを挿入してバストアップする手術

施術の副作用(リスク):血腫・カプセル拘縮・感染・傷跡・左右差・痛み・むくみ・赤み・腫れ・内出血

施術の価格:600,000~1,400,000円(税込)

関連動画

よくある質問

  • 脂肪注入後のしこりが乳がんになることはありますか?

    • しこりが乳がんになることはありません。しかし、マンモグラフィーやエコーなどの乳がん検査の際に区別がつきにくいため、乳がんの発見が遅れる危険性があります。
  • 東京美容外科では脂肪注入豊胸を行っていますか?

    • 当院ではシリコンバッグ豊胸と脂肪注入豊胸を組み合わせたハイブリッド豊胸という施術を行っています。痩せていて余分な脂肪が少ない方やより自然な仕上がりにしたい方などバッグの縁や形が浮き出てしまわないように脂肪を注入するので、見た目やさわり心地が自然です。

シリコンバッグ豊胸の除去と修正

シリコンバッグの他院修正は、過去に入れたバッグが破損したり、胸が硬く変形する症状(カプセル拘縮)がある場合や希望の仕上がりにならなかった場合などに当院でバッグを取り出したり、被膜を除去する手術です。
カプセル拘縮や皮膚表面の凹凸が顕著なのは医師の技術によるところが大きく、丁寧な剥離操作かつ出血を抑えることでリスクを低減できます。
また、数十年前のシリコンバッグは破損リスクも高く、品質が高いわけではないため入れ替えが必要と言われていましたが、最新のシリコンバッグはそういったメンテナンスは不要のため入れ替えを希望する方も多いです。

詳しくはこちら >

過去に入れたシリコンバッグの除去と入れ替えの症例

CASE01

他院で2回シリコンバッグ豊胸後に、右のバッグが破損し、左は乳房全体に強い拘縮がありました。両胸から古いバッグを取り出し、洗浄してからシリコンバッグ豊胸を行いました。

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

バッグ抜去+シリコンバッグ豊胸(Motiva 335cc demi)

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

CASE02

他院で15年前に左右180㏄のシリコンバッグを入れた患者様です。左右ともに硬く拘縮があり凹凸(リップリング)が見られました。

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 before【1枚目】

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 before【2枚目】

◀ 取り出したバッグとカプセル

バッグ抜去+シリコンバッグ豊胸(ベラジェル 225cc)

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 after【3枚目】

シリコンバッグ豊胸の他院修正の症例写真 after【4枚目】

施術名:シリコンバッグ抜去・シリコンバッグ豊胸

施術の説明:過去に入れた古い豊胸バッグを取り出し、シリコンバッグを挿入してバストアップする手術

施術の副作用(リスク):血腫・カプセル拘縮・感染・傷跡・左右差・痛み・むくみ・赤み・腫れ・内出血

施術の価格:400,000~1,500,000円(税込)

関連動画

よくある質問

  • バッグ抜去はどこから行いますか?

    • 変形や破損等、バッグの状態にもよりますがワキの下を切開して取り出すことが多いです。
  • 抜去だけでも問題ないでしょうか?

    • 抜去だけすることも可能です。ただし、抜去のみですとその分のボリュームが減ってしまうため、胸がしぼんで垂れた状態になります。その場合は、同時に新しいバッグを挿入することも可能です。

生涯にわたるアフターケア

一度メスを入れた患者様は、一生涯私どもの患者様です。

当院で豊胸手術を受けられた方は豊胸手術後の検診時に必要な処方薬、検査費すべて無料となっております。

豊胸手術をしていると乳がん検査ができないと言われていますが、当院ではインべニア・エイバス(乳腺専用3D超音波検査)で検査が可能です。

さらに、当院の豊胸手術後の患者様は1回無料で受けることが可能です。

また、他院でアクアフィリングやヒアルロン酸注入をされた方で、その後のお胸の状態が不安な方もご利用いただけますのでお気軽にご相談ください。

豊胸の他院修正の料金

アクアフィリング豊胸

項 目 単 位 料 金
アクアフィリング製剤除去 1回 800,000円(税込)
除去+シリコンバッグ豊胸 1回 1,800,000円(税込)

脂肪注入豊胸

項 目 単 位 料 金
しこり除去 1回 600,000円(税込)
除去+シリコンバッグ豊胸 1回 1,400,000円(税込)

ヒアルロン酸豊胸

項 目 単 位 料 金
ヒアルロン酸溶解 1回 300,000円(税込)
除去+シリコンバッグ豊胸 1回 1,200,000円(税込)

シリコンバッグ豊胸

項 目 単 位 料 金
シリコンバッグ抜去 1回 400,000円(税込)
抜去+シリコンバッグ豊胸 1回 1,500,000円(税込)
抜去+被膜除去 1回 600,000円(税込)

施術料金に含まれるもの

  • ドクター初診・検診・経過観察
  • 内服薬
  • 術後LINE相談窓口
  • 交通費補助(最大10万円)
  • 永久保証制度*
  • 緊急時対応窓口
  • 緊急時再オペ費用(全身麻酔代・ホテル宿泊費・交通費キャンセル費用 等)
  • [シリコンバッグ豊胸]シリコンオリジナル豊胸術(乳腺下法)
  • [シリコンバッグ豊胸]オリジナルオイル(イデアルオイル)
  • [シリコンバッグ豊胸]術後乳がん検査(エイバス)1回 ※赤坂院
  • ※執刀医の判断にて、術後に必要な治療を無料で行います。
  • ※手術6ヶ月以内の機能面での不都合があった場合、執刀医指示のもとでのシリコンバッグを無料で入替えます。

別途料金

項 目 単 位 料 金
血液検査 1回 11,000円(税込)
全身麻酔 1回 220,000円(税込)
ケラーファンネル 1枚 38,500円(税込)
デュアルプレーン法 1回 330,000円(税込)
シリコンバッグ
パール
両側 110,000円(税込)
シリコンバッグ
Motiva エルゴノミクス2
両側 150,000円(税込)
シリコンバッグ
ベラジェル スムースファイン
両側 150,000円(税込)
[ハイブリッド豊胸]脂肪吸引* 1部位 220,000円(税込)
  • *ベイザー使用の場合は別途110,000円(税込)いただいております。

豊胸の他院修正の副作用

術後には以下の副作用が生じることがあります。

  • 腫れや内出血は2週間程度出る場合があります。徐々に引いていきますのでご安心ください。内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。
  • バッグを入れることでもともとあった胸の左右の形や大きさの差が強調されることがあります。
  • バッグの周辺がペコペコとしたように感じることがあります。
  • まれに乳輪や乳頭の知覚に変化を起こす場合があります。
  • 一般の手術と同様、まれですが麻酔による副作用や感染のリスクがあります。ほかに、傷跡が目立ったりしびれなどの神経障害が出たりすることもあります。

また、術後の清潔や安静を維持するために以下をお守りください。

  • 手術当日のシャワーは腰から下にとどめ、胸を濡らさないようにご注意ください。翌日からは上半身もシャワーを浴びることができます。傷口は優しく洗って、こすらないようにしましょう。なお、入浴は術後から1週間経って抜糸をした後から可能です。
  • 抜糸するまでは飲酒・喫煙を控えてください。
  • バストバンドは医師の指示にしたがい、しっかりと着用してください。
  • ブラジャーの着用は医師が許可するまでは控えてください。

豊胸の他院修正の医師からのコメント

当院の豊胸手術は、オリジナルの豊胸術により出血を抑えて痛みを緩和させることで、体への負担の軽減が可能です。

専門カウンセラーと医師による患者様の一人ひとりの体型や理想のバストにあわせたバッグを選定し、患者様の「なりたい姿」を叶えることを第一に考えています。

お陰様で開院以来多くの患者様に選んでいただき、施術件数1.5万件を超えました。今後もスタッフ一同患者様に真摯に向き合い続ける院を目指してまいります。

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

麻生 泰 医師

医療法人社団東美会 理事長
兼 東京美容外科 統括院長
慶應義塾大学 医学部大学院 医学博士号取得
慶應義塾大学医学部 非常勤講師

豊胸の他院修正の関連記事

関連施術

シリコンバッグ豊胸

日帰り豊胸で理想のサイズアップ

ハイブリッド豊胸

痩せている方でも豊かで自然なバストが実現

乳頭縮小

大きい乳頭を希望の大きさに

乳輪縮小術

乳房と乳輪をバランスよく

陥没乳頭・陥没乳首

陥没している乳頭を自然な形に

乳房挙上・乳房縮小

はりのある若々しいバストへ

乳頭・乳輪・乳首の黒ずみ除去

黒ずみを除去して、きれいなバストへ

豊胸バッグ抜去

豊胸バッグ抜去

乳がん検査(インべニア・エイバス)

痛みやストレスの少ない乳がん検査

東京美容外科の特長

豊胸の他院修正 が治療可能な院

東京美容外科には様々な科目の専門医・学会会員が在籍しています

東京美容外科には日本形成外科学会 認定専門医、日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会 会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会 専門医、日本形成外科学会 会員、日本熱傷学会 会員、日本創傷治癒学会会員、日本抗加齢医学会 専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本レーザー医学会会員などの資格を保有した医師が在籍しております。

また定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。
美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った東京美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。