プチ豊胸「ヒアルロン酸注射」のメリット・デメリット

ヒアルロン注射による豊胸とは?

ヒアルロン酸とはコラーゲンと同じく本来人間の体内にある成分で、水分を溜め込み肌に張りや潤いを与えてくれるものです。

美容整形ではこのヒアルロン酸を注入することによって、美容効果を発揮させます。その用途は肌質改善やシワの除去などで様々な部位に効果があり、バストアップにも有効なため豊胸手術にも用いられます。

以降でヒアルロン酸注射による豊胸のメリットとデメリットを解説いたします。

ヒアルロン酸注射による豊胸のメリット

ヒアルロン酸注射は「プチ豊胸」とも呼ばれていて、メスを用いずに注射のみの施術であるため、初めて豊胸手術を受ける人にとってもハードルが低いものです。そして、ヒアルロン酸注射はメスを使わないだけでなく以下のようなメリットがあります。

費用が安い

施術の種類費用
シリコンバック挿入約70万~120万円
脂肪注入約50万~120万円
ヒアルロン酸注射約60万~80万円

上記の表をご覧いただくとわかるように、ヒアルロン酸注射は他の施術と比べて費用が安いです。さらにこの費用はワンカップ増量を基準に計算されたものです。

ヒアルロン酸の場合1ccあたり2000~3000円くらいで量り売りのように施術料金が設定されていて、1カップ上げるに必要な量が約100ccなので約60万~80万円程度になります。

半カップだけのバストサイズなら費用は約半分になり、ヒアルロン酸そのものの単価次第で料金は大きく変わります。

ダウンタイムが少ない

メスを用いないため、ダウンタイムつまりは術後から社会復帰できるまでの時間が短いのが大きなメリットです。入院の必要もなく、早ければ翌日には問題なく活動できるようになります。

形・動きが自然

従来の豊胸手術のイメージでは「豊胸したバストは形や動きが不自然だからすぐにわかる」というものでしたが、ヒアルロン酸注射によってバストアップした胸は形も動きもごく自然で見た目からはバレにくい施術です。

ヒアルロン酸注射による豊胸のデメリット

上記のように様々なメリットがあるヒアルロン注射による豊胸ですが、同時にデメリットもありますのでご紹介します。

感触が固い

ヒアルロン酸注射によってバストアップした胸は動きや形はごく自然ですが、感触はやや硬くなる傾向にあるため、触った感じが不自然となる可能性があります。

持続時間が短い

もともとヒアルロン酸は体の成分なため、体内に残っていると吸収されて消えてしまいます。そのため、シリコンバックは約10年、脂肪注入は数年~半永久的の持続時間なのに対して、ヒアルロン酸注射は半年~2年程度とやや短めです。

しこりができる可能性がある

しこりとは豊胸手術後におこる合併症で、バスト内に丸い塊のようなものができることです。ヒアルロン酸注射はその成分が固まりしこりとなる可能性があり、そうなれば再度手術で除去するしかありません。

しかし、しこりやその他の合併症といった豊胸手術の失敗リスクはどの施術にもあるため、ヒアルロン酸注射が特別に危険というものでもないです。

進化したヒアルロン酸注射による豊胸

ヒアルロン酸注射はこれまで述べた通りデメリットもある施術ですが、近年ではそれらのデメリットを克服した新しいヒアルロン酸や施術方法が確立されてきていますので、ご紹介します。

低吸収ヒアルロン酸

もともとバストアップ用のヒアルロン酸は、持続時間を延ばすために顔に使用されるものと比べて低吸収のものが使用されています。

しかし、近年ではさらに吸収率を低くした「進化版低吸収ヒアルロン酸」が開発され、持続時間を5~10年まで延ばすことができるようになりました。

ダイアモンドフィール

ダイアモンドフィールとは大手国産化粧品メーカー「資生堂」が開発したヒアルロン酸のことです。持続時間を延ばすだけでなく、肌細胞を活性化させる作用があるためバストアップだけでなく、バストの張り・ツヤにも高い効果が期待できます。

エコーガイド下注入法

ヒアルロン酸はバスト内で血流が盛んな場所に注入されると早く吸収されてしまう傾向にあり、従来の手探りで注射するヒアルロン酸注射では注入された場所によっては平均以下の持続時間となってしまうケースもありました。

エコーガイド下収入法では、バストのエコー画像をもとに、血流が乏しい「胸筋」と「乳腺」の間を狙って注入することで持続時間を延ばします。

まとめ

ヒアルロン酸はメスを使わず、注入する成分ももともと人が持っているため拒絶反応リスクも低いため、まさしく「プチ豊胸」と呼ぶに相応しい手軽な豊胸手術です。

メリット・デメリット両方がありますが、それはどの施術にも存在するものです。「とりあえずお試しで豊胸してみたい」とか「メスを入れるのは嫌だ」といった方には、ヒアルロン酸注射は非常に適切であると言えます。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約