• お電話でのご相談はこちら
  • 無料カウンセリング予約
  • LINE予約

東京美容外科 赤坂院 美容施術

こだわり乳がん検査はお済みですか?

乳がん罹患のピークは40代後半~60代

女性の部位別癌罹患率において、1999年以来、常に第1位となっている乳がん。
2010年全国推計値での新たな罹患数は6万例を超えており、女性が一生の間に乳がんになる確率は8%、12人に1人が罹患し、死亡率も人口10万人に対し約19.4%(2012年)と、引き続き高い水準にあります。

また、罹患率のピークは40代後半~60代であり、減少傾向にある生産年齢人工の観点からも、さらなる早期発見・治療の重要性が高まっています。

 ※1 独立法人国立がん研究センター がん対策情報センター
年齢階級別罹患率2010女性データより

今なお伸び悩む、乳がん検診の受診率

ピンクリボン運動や行政の取り組みにより乳がん検診受診率は徐々に増えてきてはいるものの、2010年度は、40歳以上の方で24%程度、若年層となるとさらに受診率が低くなると見込まれ、いまだ普及するまでには至っていないというのが実情です。

GEの独自調査※3によれば、検診を受けていない理由として、「面倒」「時間がない」「痛そう」「恥ずかしい」といった声が多く聞かれました。

 ※2 独立法人国立がん研究センター がん対策情報センター
全国(2010年)男女別がん検診受診率(40歳以上)の推移グラフより
※3 2014 GEヘルスケア・ジャパン「乳がん検診に関する調査」より

痛みやストレスの少ない乳がん検査装置「乳房用エコー Invenia ABUS(インべニア・エイバス)」

「乳房用エコー Invenia ABUS(インべニア・エイバス)」

女性にとって決して他人事ではない乳がん。

「痛そうだから・・・」「乳房に触れられるのは抵抗感が・・・」「豊胸手術をしているから・・・」といった理由から乳がんの検診受診率が伸び悩んでいます。

そんな乳がん検査に対する不安や恐怖をやわらげるために。
そして何より、できるだけ早く、乳がんの早期発見を導くために。

東京美容外科では新たな乳がん検査の概念を注ぎこんだ装置「Invenia ABUS(インべニア・エイバス)」を導入いたしました。

Invenia ABUS(インべニア・エイバス)の特徴

  • Point01 検査時間が短い
  • Point02 痛みがほとんどない
  • Point03 生理周期に影響を受けにくい
  • Point04 乳腺組織が豊富な若年層に最適

乳房を解剖学的な見地から解析したフォルムで痛みの少ない乳がん検査に

乳房を解剖学的な見地から解析したフォルム「Reverse Curve TM」を組みこむことで、画期的なスキャンヘッドが誕生しました。

柔らかい曲線が、様々な胸の輪郭にムリなく自然にフィットし痛みの軽減だけでなく、理想的なビーム形成により高画質を実現し検出率を高めます。

乳房形状や弾性にあわせて、最適な圧力で適正に密着

やさしくカーブしたスキャンヘッドは、独自のセンシング機能により、3段階の圧力レベルから、乳房に応じた最適な圧力を簡単なボタン操作で選択し、均一に密着させることができます。

早期発見の障壁となる要因

乳がん検診率の低さに加え、早期発見の障壁となる要因として、発達した乳腺構造により乳房領域が真っ白に覆われる「デンスブレスト」の課題が挙げられます。
欧米人に比べ、日本を含むアジア人の乳房に高い頻度で見られ、50歳以下では80%近くもの女性に見られるというデータも。

マンモグラフィによる撮像では病変部が白く描出されるため、判別が非常に難しくなります。こうした弱点を補い、見落としを防ぐためにも、超音波との併用検査が重要ですが、一方、超音波検査には熟練のスキルを要するのも課題です。

Invenia ABUS(インべニア・エイバス)で乳がん検査は変わります

患者様の体型やデンスブレストといった様々な条件下にあっても、乳房組織を鮮明に捉え、常に精細な画像を描き出せること。

乳がん検診に対するストレスや不安をオートスキャンにより軽減するInvenia ABUS(インべニア・エイバス)。
乳がん検診のスタイルは、ここから大きく変わります。

クリアな画像で、デンスブレスト条件下でもここまで鮮明に

ブレスト全領域がカバーできるため、全ての乳腺組織の構造的な情報をより早く正確に評価可能。
見落としを低減できるのみならず、マンモやMRIなど他モダリティとの相関もとりやすくなります。

ABUS (エイバス)と
従来の超音波装置との違い

  新しい超音波装置
Invenia ABUS
従来の超音波装置
特徴 超音波の深触子の幅が15cm自動で動いて撮影を実施。 超音波の深触子の幅が4~5cm検査者が深触子を手で持ち乳房の上を走査して撮影を実施。
メリット 検査の再現ができ、検査を見直すことができる検査施工者に技量に左右されない。乳房を立体的に把握できる。
乳房に触れる事なく検査が可能。
個人差はあるが、圧迫がすくなく、通常痛みは伴わない。
デメリット 個人差があるが、押される感じの痛みがある場合がある。体型によって検査が難しい場合がある。 検査の再現や見直しができる。検査施工者の技量に左右される(見落とし等)。平面的な画像での乳房把握。

ご予約・ご相談

乳がん検査(インべニア・エイバス)の費用

患者さまにのご都合に合わせた支払い方法
東京美容外科は、医療分割、各種カード、デビッドカードの取り扱いもあり、患者さまのご都合で様々なお支払い方法をお選びいただけます。
適正な治療費
東京美容外科では安心して患者さまに治療を受けていただけるように、乳がん検査(インべニア・エイバス)費用は定額制(診療費・診断料等含む)としております。
※費用は全て税抜きになっております
開院記念特典

施術前後の写真撮影、施術中動画、手術後の感想等をホームページやSNS等で公開していただける方を対象にモニター割引をご案内しております。
フルフェイスモニター(モザイク無し)、パーツモニター(モザイクあり)によって割引率が変わります。
モニターには事前審査がございます。詳しくはお電話または無料カウンセリングにてお問い合わせください。
インビザラインのモニターは、ご好評により終了いたしました。

乳がん検査(インべニア・エイバス)

乳がん検査(インべニア・エイバス)「ABUS」 1回 30,000円
東京美容外科にて
豊胸バッグ手術をした患者様、
術後検診時に
1回無料

ご予約・ご相談

ABUS検査の流れ(所要時間15分)

  • 1.ポジション(体位)をとります

    検査着を脱いでいただき、仰向けで横になります。
    右側の乳房から検査を行ないます。右肩を少し上げ、お身体を左に傾けます。腕は力を抜いて横に置いてください。誘導に従い、腕を上げていただきます。
    ※お身体に不自由がある場合は(肩を痛めている等)予めお伝え願います。

  • 2.専用のローション(白い乳液状のもの)を胸に広げます。

    微量の化粧品でかぶれてしまう場合は、予めお伝えください。

  • 3.超音波の装置を胸にあてて検査していきます。

    機械が動いている間は、お話しされないようにお願いいたします。
    押される感じ、なぞられる感じがあります。痛みや、くすぐったい等、感じ方には個人差があります。

  • 4.合計6回撮影して終了です。

    通常は左右、それぞれ3回程度撮影します。検査時間は15分程度です。

ご予約・ご相談