脂肪注入(豊胸)

  • 日帰りOK

自然な見た目とさわり心地で美しくバストアップ 脂肪注入豊胸

こんな方におすすめ

  • より自然な仕上がりを重視したい方
  • 加齢や授乳でバストが下垂してお悩みの方
  • 既にシリコンバッグを入れている方
  • 傷跡を最小限に抑えたい方

施術のポイント

見た目やさわり心地も自然なバストが実現します。最新の機器を使い自分のお腹や太ももといった部分から余分な脂肪を吸引し、良質な脂肪のみを胸に注入するので、定着率も高くなります。安全性にこだわり、美しさにこだわった施術は、多くの女性から高い評価をいただいております。

豊胸手術の選び方はこちら

  • 料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

脂肪注入豊胸とは

自分の脂肪を使って、胸に脂肪を注入する豊胸手術です。

豊胸手術のスペシャリストとして名高いパク・ソンス医師との情報交換や研修を重ね、最先端の技術を取り入れました。東京美容外科の脂肪注入豊胸は最新の機器を使い、自分自身の体から余分な脂肪を吸引し、不純物を除去した後、純度の高い良質な脂肪のみを胸に注入するので従来の脂肪注入と比べて定着率が高く、生着した脂肪は効果が続きます。
現在バッグを入れている方は、バッグを抜き取り、脂肪注入豊胸でバストアップすることも可能です。

脂肪注入豊胸のポイント

自分の余分な脂肪を吸引し、胸に注入してバストアップ

良質な脂肪だけを胸に注入するので、安全性が高い

傷口が小さく、傷跡も目立ちません

見た目やさわり心地も自然。他人に豊胸だと気づかれにくい

脂肪を注入する位置によって、くっきりとした谷間を作れる

シリコンバッグを既に入れている方も、さらに美しいバストに

※シリコンバッグの縁を目立たせないように、胸の谷間とバッグの縁に脂肪を注入して自然なバストを形成します。

脂肪吸引は何よりも安全性を重視

脂肪採取(脂肪吸引)は、患者さまの太もも内側または下腹部より採取します。脂肪吸引は体のどの部分からでも良いというわけではありません。脂肪注入には繊維質の少ない脂肪が向いているため、当院では太ももの内側または下腹部より脂肪を採取します。

カニューレと呼ばれる細い管を使い、丁寧に脂肪を吸引するので、吸引部に凹凸ができるリスクは低く、出血も少なく抑えられます。もし吸引部から出血があった場合には、すぐに吸引を終了します。脂肪注入を目的とした脂肪吸引であるため、吸引部が極端に痩せることはありません。

最新技術でバストの形をより美しく

太ももの内側または下腹部から脂肪を吸引し、さらに副乳付近(胸の横)の余分な脂肪を吸引して取り除くと、胸の立ち上がりがきれいに見えます。多めに脂肪を注入しても定着する脂肪が少なくなってしまうので、胸全体に脂肪を注入する場合は、期間をあけて脂肪吸引・注入が必要となります。

※術後しばらくは、吸引部にストッキングやサポーターを着用してください。

※脂肪注入後、最終的な胸の大きさは約2~3ヶ月経つと落ち着きます。胸のマッサージは3ヶ月程控えてください。

脂肪注入(豊胸)の手術で用いるもの

  • 全身麻酔
    手術は眠っているあいだに終わります。東京美容外科では、麻酔の専門医が常駐しているため、麻酔に関する不安や疑問についてもご相談いただけます。
  • カニューレ
    脂肪吸引時に使用する細い管です。管が細いため吸引時に凸凹ができるリスクの軽減や出血を抑える効果が期待できます。
  • サポーター・ストッキング
    術後に施術部位を圧迫固定するものです。しっかりと圧迫することで内出血や腫れを抑えます。

脂肪注入(豊胸)の施術のメリット・デメリット

◎ メリット

  • ・自然な形や感触のバストをつくれる
  • ・自身の組織を使うためアレルギー反応が起こりにくい
  • ・気になる部位をシェイプアップしながら豊胸ができる
  • ・注入した脂肪が定着した場合には半永久的な効果が期待できる

◎ デメリット

  • ・やせ型の方には向かない
  • ・持続期間の個人差が大きい
  • ・費用が高額になる
  • ・しこりや皮膚に凸凹ができる可能性がある

脂肪注入(豊胸)の特徴まとめ

  • 麻酔全身麻酔
  • 施術時間180分
  • 傷跡徐々に目立たなくなります
  • 入院不要
  • 通院必要
  • シャワー翌日可

脂肪注入(豊胸)の副作用

術後には以下の副作用が生じることがあります。

  • 術後2週間は施術部位に腫れや内出血が生じることがあります。
  • 脂肪吸引を行った部位が一時的に硬くなったり凸凹したりすることがあります。少しずつなじんでいき、最終的には6ヶ月程度かけて回復します。
  • 脂肪注入した部位が硬く感じられることがあります。多くは自然に改善しますが、まれに処置が必要なケースもあります。

また、術後の清潔や安静を維持するために以下をお守りください。

  • シャワーは翌日から可能ですが、湯船につかるのは抜糸までの約1週間控えてください。
  • 変形のおそれがあるため、術後3ヶ月はバストマッサージをお控えください。
  • 術後は医師の指示があるまでバストバンドを外さないようにしてください。
  • ブラジャーの着用は医師が許可するまではお控えください。

脂肪注入(豊胸) の料金

施術方法 料 金
豊胸(脂肪注入) 950,000円
  • ※別途、脂肪吸引が必要となります。
  • ※他院修正は各料金の20%アップで対応いたします。
  • ※麻生統括院長の施術料金は通常料金より20%アップとさせていただきます。
  • ※上記料金は全て税抜きになっております。
  • ※提携メニューは「オラクル美容皮膚科」の施術になります。
  • ※当院の治療は保険診療適応外の自由診療になります。

モニター募集

脂肪注入(豊胸)の保証制度

術後、副作用やご不安な点がある場合にはお気軽にご相談ください。どのようなご相談でも対応いたします。

脂肪注入(豊胸)の医師からのコメント

当院の脂肪注入豊胸では、複数のものから使用する機器を選別し、脂肪吸引を行い、不純物を除去しています。それにより良質な脂肪のみを胸に注入するよう努めています。これにより体へのダメージを低減した手術を行っています。また、注入した脂肪の定着率が高まり、脂肪が生着した場合には半永久的な効果を見込めます。
なりたいバストや体型、お悩みに合わせた治療を行いますので、カウンセリング時にお気軽にご相談ください。

脂肪注入(豊胸)の適さないケース

脂肪注入による豊胸は、3カップ以上のバストアップには適していません。そのため、大胆なバストアップを希望する方は他の豊胸術を検討したほうがよいでしょう。
脂肪注入による豊胸は、ご自身の脂肪を使って行います。体の脂肪が少ないやせ型の方は、十分な量の脂肪を吸引できない場合や、脂肪を吸引できても吸引部位に凸凹が残りやすい場合があります。

妊娠中の方、授乳中の方はバストの大きさが変化することが考えられるため、卒乳後に施術を行うことをおすすめします。

脂肪注入(豊胸) のリスクと術後の注意点

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。

  • 吸引部位は手術後、一時的に硬くなったり、凸凹が目立つことがありますが、徐々に柔らかくなじんでいきます。最終的に落ち着くのは約6ヶ月です。
  • 脂肪を注入した部位に、しこりの様に硬く感じることがあります。多くは自然に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。
[料金]950,000円

【豊胸(脂肪注入)|GZ3336】ご自身の余分な脂肪を吸引して注入 の症例写真

もっと見る

【豊胸シリコンバッグ】豊胸反対派だった私が豊胸してみた の症例動画

もっと見る

脂肪注入(豊胸) のよくある質問

Q.時間が経つとバストが小さくなったりしませんか?

A.脂肪注入の場合、注入した脂肪の一部は体内に吸収されますが、生着した脂肪は半永久的に効果が続きます。 脂肪注入後、最終的な胸の大きさは約2~3ヶ月経つと落ち着きます。さらにバストを大きくしたい場合、脂肪の再注入は術後3~6ヶ月後から可能です。(患部の状態により再注入できる期間が異なります)

Q.バストにしこりができることはありますか?

A.脂肪注入した部位には、まれにしこりができる場合があります。注入した脂肪の一部は自然に体内に吸収されますが、処置が必要な場合もあります。当院では良質な脂肪のみを注入し、脂肪の定着率を上げることで、しこりができる可能性を低くするよう抑えています。

Q.術後に気を付けた方がよいことはありますか?

A.バストバンド(圧迫)は医師の指示があるまで外さないようにしてください。ブラジャーは医師の指示があるまで付けないでください。術後約2週間は、脂肪吸引・注入した部位に強い腫れや内出血が出る場合がありますが、徐々におさまります。脂肪を注入した部位に強い力が加わると変形の恐れがありますので、術後3ヶ月はマッサージなども控えてください。また、脂肪を吸引した部位は術後膨張をきたし、徐々に馴染んできますので3~6ヶ月は経過を見てください。

Q.シャワーや入浴はいつからできますか?

A.翌日からシャワーは可能です。シャワー時は、ガーゼとバストバンド(圧迫)を外していただいて大丈夫です。抜糸までの1週間は湯船につからないようにしてください。

Q.手術した傷跡は残りますか?

A.脂肪吸引はカニューレと呼ばれる細い管を使って行うので、傷口は小さく、時間が経つにつれて徐々に目立たなくなります。脂肪注入は注射器で行いますので、傷跡の心配はありません。

Q.脂肪注入豊胸の手術時間はどのくらいかかりますか?

A.脂肪吸引する部位にもよりますが、麻酔をかけてから施術の終了まで約3時間かかります。施術後は麻酔が覚めるまでオペ室でお休みいただきます。入院の必要もありませんので、手術したその日にお帰りいただけます。

脂肪注入(豊胸) の関連動画

脂肪注入(豊胸) の関連記事

  • 特長・料金
  • 症状・体験談
  • よくある質問
  • 関連動画・記事

関連施術

BellaGel Micro(ベラジェルマイクロ)豊胸

BellaGel Micro(ベラジェルマイクロ)豊胸

バッグ挿入(豊胸)

日帰り豊胸で理想のサイズアップ

ハイブリッド豊胸

痩せている方でも豊かで自然なバストが実現

ヒアルロン酸豊胸の「シンデレラ豊胸」

簡単!注射だけではりのある胸に

乳頭縮小

大きい乳頭を希望の大きさに

乳輪縮小

乳房と乳輪をバランスよく

陥没乳頭

陥没している乳頭を自然な形に

乳房挙上・乳房縮小

はりのある若々しいバストへ

乳頭・乳輪の黒ずみ除去

黒ずみを除去して、きれいなバストへ

豊胸バッグ抜去

豊胸バッグ抜去

東京美容外科の特長

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約