豊胸手術の選び方

豊胸手術には大きくわけて、「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」人工乳腺法とも呼ばれる「バッグ挿入」の3つがあります。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、治療を検討する際の参考にしていただき、ご自身の悩みにあった豊胸手術を選んでください。

脂肪注入豊胸

ご自身のおなかや太ももといった部位から余分な脂肪を吸引し、胸に注入するのが脂肪注入豊胸です。
脂肪注入法のメリットには、下記が挙げられます。
・「見た目も自然で、さわり心地も限りなく本物に近い」仕上がり
・レントゲンに写ることもなく、他人に豊胸だと気付かれにくい。
・自分の脂肪を使ってバストアップするので、アレルギーや副作用の心配がない。
・自分が気になっている部分の余分な脂肪を使うので、全身のスタイルアップも期待できる。
・傷口が小さく目立ちにくい

逆に脂肪注入法のデメリットとしては、
・瘦せ型で余分な脂肪が少ない場合、施術が受けられない可能性がある
・一度の手術でボリュームアップできるサイズには限界がある
・バッグ挿入法と比較すると持続時間がある
となります。

東京美容外科では最新の技術を導入し、従来の脂肪注入法にあったデメリットを軽減することに成功しました。
東京美容外科の脂肪注入豊胸は純度の高い良質な脂肪のみを胸に注入するので従来の脂肪注入と比べて定着率が高く、効果が長く続きます。
また、サイズについても従来の施術では0.5カップ~1カップが限界でしたが、1~2カップのサイズアップが可能です。

ヒアルロン酸豊胸

専用のヒアルロン酸を胸に注入する豊胸術です。
数回にわけて注入することで徐々に大きくしていくことも可能です。
ヒアルロン酸豊胸のメリットは、
・メスを使わず注射のみの施術なのでお手軽
・傷跡がつかない
・注入直後から効果を実感できる
・ダウンタイムや術後の痛みがほぼない
・自分の好きな場所に注入できるので理想のバストに近づける
です。
ヒアルロン酸豊胸のデメリットとしては
・いずれ吸収される
・脂肪注入法と比較すると若干固い(グミのような触感)
が挙げられます。

手軽で安全性が高く、副作用がほとんどないことから人気の高い施術です。
当院のヒアルロン酸豊胸では「結婚式前にドレスアップしたい」「豊胸はしたいけれどなかなか豊胸手術までは決心がつかない」といった要望にもお答えいたします。
また「左右のバストの形・大きさを整えたい」といったお悩みをお持ちの方にも最適です。
周りに不自然に思われないように、数回にわけて注入していくことで、徐々に大きくしてくことも可能ですのでご相談ください。

バッグ挿入法

人工乳腺法とも呼ばれるのがバッグ挿入による豊胸術です。
過去のバッグ挿入による豊胸では、違和感やバッグ破損などのトラブルが心配されていましたが、豊胸手術の進歩により、現在は非常に柔らかく安全性の高いバッグが主流となっています。

バッグ挿入法のメリット

・2カップ以上のサイズアップが可能 ・持続時間は半永久的
・どんな体形の方でも施術が可能

バッグ挿入法のデメリット

・他の施術と比較すると術後の痛みがやや強い
・バッグの種類を問わず、多少の違和感あり
・バッグの周辺に被膜ができる「カプセル拘縮」や、バストの皮膚にしわが生じる「リップリング」などの後遺症の可能性がある

東京美容外科ではBellaGel Micro(ベラジェルマイクロ)とモティバのシリコンバッグを使用しており、またオリジナル豊胸術を開発したことによって出血を安全に予防、安全で痛みのない治療を可能としています。
一般的なバッグ挿入の場合と比較して、術後の痛みがほとんど無いといった特徴があります。
またバッグ挿入は一般的に、マッサージなどのケアをしなければならないと思われている方も多いようですが、当院の施術方法を行った場合マッサージの必要はありません。

まとめ

3つ豊胸手術のメリット・デメリットをご紹介しました。

豊胸手術の選び方としては、
・お手軽にバストアップしたい方にはヒアルロン酸豊胸
・サイズアップと持続時間を重視する方にはバッグ挿入法
・スタイルアップを両立したい、自然な仕上がりにこだわりたい方には脂肪注入法
となります。
簡単な比較表をご用意しましたのでご参考にしてください。

  脂肪注入 ヒアルロン酸 シリコンバック
治療内容 吸引した自分の脂肪を最新技術により精製し、良質な脂肪だけをバストに注入 ワキの付け根やアンダーバストなどから注射器でヒアルロン酸を注入 通常ワキの下から胸筋をはがしてスペースを作り、シリコンバッグを挿入
適応 標準体型~肥満体型 痩せ型から肥満体型すべて 通痩せ型から肥満体型すべて
触感 自然 グミのような触感(脂肪より固い) バッグの種類を問わず、多少の違和感あり
自由 自由 バッグの形に依存
サイズ 1~2カップ 0.5カップ程度 2カップ以上
持続効果 長い 1年くらいで吸収される 半永久的(※破損、拘縮があれば取り出し)
施術時間 約3時間 30分 約1時間
術後の痛み 比較的軽度 ほとんどない 非常に重い
主な合併症 少ない しこり カプセル拘縮

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

豊胸・ボディ形成施術

垂れた胸が気になる

乳輪の形や色、大きさ

豊胸・ボディ形成施術の症例写真