眼瞼下垂ってなに?原因や対処方法をご紹介!

「なんだか最近まぶたが下がってきて物が見えにくい」
このように感じている人は、まず加齢によるまぶたの垂れ下がりが原因だと考えますよね。

ちょっと見えにくい程度なら生活に支障はありませんが、だんだん見える範囲が狭くなってくる場合は、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という病気の可能性があります。

今回は「眼瞼下垂の原因と対処法」について詳しく説明するので、まぶたの垂れ下がりが気になっている人は一度目を通してみて下さいね。

眼瞼下垂ってどんな病気?症状は

眼瞼下垂は聞き慣れない言葉かもしれませんが、まぶたが下がって視界が狭くなる目の疾患です。まずはどんな疾患なのか、どんな症状が出るのかから紹介していきます。

眼瞼下垂とは

「眼瞼下垂」とは、何らかが原因でまぶたが垂れ下がり、視界が狭まってしまう病気のことです。生まれつきのものである先天性と、生活や年齢が関係している後天性のものの2種類があります。眼瞼下垂は先天性と後天性を比べると、後天性の方が多いのが特徴です。

また、眼瞼下垂になるのは必ずしも両目ではなく、片側だけの場合もあります。両目の眼瞼下垂が悪化すると視界が狭まり日常生活に影響が出てしまうので、できるだけ早めの対処が必要です。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の人は正面を向いた時にまぶたが瞳孔の上まであがらないのですが、病状の進み具合によって症状が変わってきます。

眼瞼下垂の症状
・軽い場合→まぶたが瞳孔ににかかるくらい垂れ下がる
・重い場合→まぶたが垂れて瞳孔をふさいでしまう

また、視界が狭くなってくると、おでこの筋肉を使ってまぶたを上げるようになります。そうなると頭痛や眼精疲労、肩こりなどの症状が出る場合もあるのです。

その他、二重まぶたの幅が広がったり三重になるなども眼瞼下垂の症状の一つになります。

眼瞼下垂の原因は?自然になるものなの?

眼瞼下垂の原因は先天性と後天性で原因が違っています。先天性は生まれつきなので自然になるものですが、後天性は生活習慣や加齢が関係しているのです。それぞれ詳しく説明しましょう。

先天性の眼瞼下垂の原因

先天性の眼瞼下垂は、
・まぶたを引っ張り上げる筋肉が生まれつき弱い
・まぶたを引っ張り上げる腱膜に生まれつき異常がある
・体の筋肉を支配する神経に生まれつき異常がある
などです。先天性の場合は80%の人が片側だけ眼瞼下垂になります。

生まれつきのものなので小さい頃から見えにくいなどの症状がありますが、今すぐに治療しなければならないものではありません。症状を見ながら医師と相談して、治療方針を決めていくのが一般的です。

ただし弱視(視力が落ちる)や斜視(視線と目の動きが合わない)の原因にもなるので、治療の時期は両親が自己判断せず、医師と相談して決めるのがおすすめです。

後天性の眼瞼下垂の原因

後天性の眼瞼下垂の原因は、
・まぶたの筋肉が加齢によって下がる
・ハードコンタクトを長い期間使用している
・白内障などの目の手術
などがあります。

この中で多い原因は加齢によるまぶたの垂れですが、単なるたるみだと思って病院に行かない人も少なくありません。後天性の場合はゆっくりとまぶたが下がってくるので、余計に年齢によるものなので仕方がないと思いやすいのです。

眼瞼下垂を治すにはどうしたらいい?

「歳を取ったからまぶたが下がるのは仕方がない」
そう思って病院へ行かない人もいますが、視界が狭くなっているのならまずは一度眼科を受診するのがおすすめです。

そこで眼瞼下垂と診断されたら、医師の指示に従って適切な治療を受けましょう。眼瞼下垂の治療方法について説明しますので、まぶたの垂れが気になり始めた人は参考にしてみて下さいね。

眼瞼下垂の手術はどんなものがある?

眼瞼下垂の手術には、
・上眼瞼切開法(皮膚を切除する)
・挙筋前転法(腱膜と瞼板を固定する)
・挙筋短縮法(筋肉を切除したり重ねて固定する)
などがあります。

原因がどこにあるかで手術の方法が違いますが、加齢による眼瞼下垂の場合は上眼瞼切開法です。上眼瞼切開法は、美容整形としてまぶたのたるみを取る場合にも使われる手術になります。

費用はいくら?副作用はある?

眼瞼下垂の手術費用はだいたい両目で50,000円前後ですが、病院によって異なります。美容整形の場合は自己負担ですが、眼瞼下垂と診断されれば保険適用なので比較的安く済むでしょう。 副作用として術後に皮下出血や腫れが出ますが、1週間程度で治ります。施術には局所麻酔を使うので、アレルギーがある人は必ず医師に相談しましょう。

一度はクリニックで眼瞼下垂ではないか診断してもらおう

眼瞼下垂の原因の一つが加齢によるまぶたの垂れなので、スキンケアなどでたるみを解消すれば治ると考えている人もいます。
しかし視界がだんだん狭くなり、瞳孔を塞いでしまうと日常生活に支障が出てしまいます。「最近たるみで見えにくいな」と感じたら、眼瞼下垂ではないか一度クリニックで診断してもらいましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約