ヒアルロン酸注入による目元のクマ治療

目元にクマがあると、なんとなく疲れた雰囲気や老けた印象になりがちです。自分でケアするのも方法の一つですが、短期間で効果を実感したいのなら「ヒアルロン酸注入」もおすすめです。

今回は「目元のクマを消すのにヒアルロン酸注入がおすすめの理由」と、費用や痛みについて説明します。目元のクマを早くなんとかしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

目元のクマを消すのにヒアルロン酸注入がおすすめの理由

ヒアルロン酸注入は目元だけでなく、涙袋やほうれい線をなくすために使われます。シワや肌にふくらみを持たせたい時に利用するイメージがある人もいるでしょうが、なぜ目元のクマを消すのにおすすめなのでしょう?その理由を説明します。

クマの原因の一つが目の下のくぼみ

目元にクマができる原因は様々ですが、その中に一つに「目の下のくぼみ」があります。体の加齢が進むと目の周りの脂肪や筋肉が減るので、目の下にくぼみができてしまうのです。

肌がくぼむと影ができるので、目の下にクマができたように見えてしまいます。そこにヒアルロン酸を注入すると、肌がふくらんでくぼみがなくなります。その結果、目元のクマがなくなり、顔の印象が明るくなったり、若返ったりしたように見えるというわけです。

加齢だけでなくもともと顔が痩せている人も、目の下にくぼみができやすいタイプ。そのため、加齢が進んだ人だけでなく、20代前半などの若い人も目元にヒアルロン酸を注入しています。

ヒアルロン酸は目の小じわにも効果的

ヒアルロン酸は肌に膨らみを持たせるだけでなく、ハリ・ツヤを保つ成分でもあります。そのため目の下のくぼみだけでなく、目の下の小ジワにも効果的です。

目の下がたるんでいる人は、たるみによる小じわに悩んでいることも少なくありません。クマと小ジワの改善が同時に期待できるので、ヒアルロン酸注入は一度試してみる価値がある美容整形ではないでしょうか。

目元のクマを消す時のヒアルロン酸注入に痛みはある?

目元にヒアルロン酸を注入する時は、
1.目元にクリーム麻酔を塗る。
2.注射器でヒアルロン酸を注入する。
という手順で行われます。

クリーム麻酔を塗りますし、極細の針なので痛みを感じにくい施術です。しかし痛みに弱い人や麻酔が効きにくい体質の人は、注入時に痛みを感じる場合もあります。痛みが心配な人は、カウンセリング時にクリニックの先生へ相談しておきましょう。

目元のクマを消すヒアルロン酸注入をする時の注意点は?

近ごろは目元のクマを消すヒアルロン酸注入を行なっているクリニックは多いものです。その中でも安心して施術を受けられるクリニックを探すには、下記の点に注意してみて下さい。

クリニックを選ぶ時のポイント

・どんなヒアルロン酸を使っているか明確になっているか
・残ったヒアルロン酸を使い回していないか
・安すぎる料金ではないか
・対応がしっかりしているか

これらの内容は公式サイトやカウンセリングで確認できます。少しでも「怪しいな」と感じる部分があれば、念のため他のクリニックにした方が安心です。
その他、施術後に注意するポイントとしては、
・むくみや晴れ、内出血が出る場合がある
・効果は3〜6ヶ月継続する
という点になります。
術後にむくみなどの症状が出る場合がありますが数日で治ります。また、効果は3〜6ヶ月なので、継続して目元のクマを改善したいのなら定期的な注入が必要です。

ヒアルロン酸注入でクマのない若々しい目元を(まとめ)

ヒアルロン酸注入は針でヒアルロン酸を注入するだけなので、施術時間が短く体への負担も少ない施術です。「手軽にできる」と最近人気が出てきているので、目元のクマに悩んでいる人は一度検討してみてはいかがでしょうか?
目元のクマを改善して、若々しい目元をキープしていきましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約