目元の手術 ~再手術:目頭切開・眼瞼下垂~

目頭切開や眼瞼下垂の再手術についてわかりやすい画像とともにご紹介します。

[目次]

目頭・目尻切開の再手術

目頭・目尻の切開は、切開が足りなかった場合や、切り過ぎた場合に再手術が決定されます。

切りすぎた目頭・目尻切開も、自然な形に整えることができます。

切りすぎた目頭切開修正

切りすぎた目頭切開修正の場合は、切除した蒙古ヒダを再度形成します。
どんな術式で切開したかによって修正の方法は異なりますが、基本的には目頭の皮膚で皮弁を作り下方へ引き下げて固定し、蒙古ヒダを形成します。

切りすぎた目尻切開の修正

切りすぎた目尻切開の修正は、既存の部分と傷跡を除去し、切られた靭帯を元の位置に固定した後、皮膚を縫合します。

目元修正の再手術

矯正形成は手術の種類によって再手術の方法が替わります。

眼瞼下垂の再手術

眼瞼下垂の修正後、修正が足りず、目の開きが改善しなかったり、修正しすぎて目が見開いた状態になったりした場合に、それぞれ再手術を行います。

目が開きすぎた眼瞼下垂の再手術では、既存の傷跡を切除した後、短縮しすぎた筋肉を再び伸ばす操作をしてから二重のラインを修正して縫合します。

びっくりしたような見開いた目を美しく整えます。

下瞼修正の再手術

下瞼の修正時に皮膚を切り過ぎると、瞼が垂れる退縮や、瞼がめくれる眼瞼外反症が起こることがあります。このような場合は再手術が必要です。

下瞼の再手術の際には、目尻や下瞼の一部を切開し靭帯を伸ばして固定した後、切開した部位を縫合します。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

二重・目元整形の目的別施術方法

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元・二重施術の症例写真