二重になるためにはどうすればいいのか

二重まぶたは多くの方のあこがれ

顔の中でも特に重要なのが目元です。どのような目元をしているかによって、その人の印象は大きく変わります。特に一重か二重という問題は重要です。
二重の方が華やかな印象を与えます。特に女性の場合は、二重の方が目が大きく見えて、可愛らしい印象を与えることができるでしょう。また、現在の日本では二重の方が価値のあるものとされています。
そのため、自分が二重ではなく一重であることにコンプレックスを感じている方は少なくありません。多くの方があこがれている二重になることができれば、精神的に楽に生きられるという方も少なくないでしょう。


一重と二重の構造上の違いとは

二重というのは皮膚が内側に引きこまれている状態のことです。一方、一重の場合は皮膚が垂れ下がっています。目を開いた時にこの皮膚を引き込むことができるのが二重まぶたの特徴となっています。そして、これは上眼瞼挙筋の働きによります。
筋肉の働きによって皮膚が持ち上げられているため、一重の方はこの筋肉の働きが弱いということになります。
また、本来は二重なのに余分な脂肪がついていることによって一重となっているケースもあります。この場合は、マッサージをしたり、血行を良くすることによって、余分な脂肪を取り除くことができれば二重になる可能性はあります。


二重になるための手術の原理

目を二重にするたえの手術には色々な種類があります。最も人気があり手軽に受けられるのが埋没法です。メスを使わないのが特徴となっています。
原理は簡単であり、まぶたを糸で留めることによって二重をつくりだします。カウンセリングをして、希望の二重のラインを決めて、後は実際に糸で留めていきます。当日からシャワーをすることが可能です。
頑丈に糸を結ぶことによって、簡単に切れてしまうことがありません。自然な仕上がりとなり、施術を受けたことがばれないです。傷跡が残らず、入院をする必要もないです。


クリニックで二重まぶたにしてもらう

危険なほくろには前出のとおり「切縫」が治療の基本。通常のホクロ除去には、ほくろの大きさによって2種類の方法があります。
【5mm以下のほくろの場合】
・炭酸ガスレーザー
複数回に分けてレーザーを当てることでほくろを瞬間的に削り取ります。出血がなく、施術も1分程度と短時間で終わる点が特徴です。
【5mm以上のほくろの場合】
・切縫術
ほくろを切り取り縫い合わせる施術です。悪性の可能性がある場合、切り取ったほくろを病理検査に出すことで、保険適用内で施術が受けられるケースもあります。

自分でほくろの危険度を判断するのは困難であるため、気になるほくろがある場合には、皮膚科に相談してみましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約