自分の目を二重にするための方法

二重になってコンプレックスを解消できる

一重にはマイナスなイメージがたくさんあります。腫れぼったい目は老けた印象を与えてしまいます。また、一重であるために目つきが悪いと思われてしまう方もいます。暗い性格だとイメージされることもあります。
反対に二重のイメージにはプラスなものがたくさんあります。明るくて可愛らしいという印象を与えやすいです。華やかで若々しく美しいと思われることも多いです。
自分の目についてコンプレックスを抱いている方は多いです。一重の方が二重になることによって、コンプレックスが解消されて、堂々と生きることができるケースはたくさんあります。


どうして二重まぶたの人がいるのか

一重と二重の違いは皮膚が持ち上げられているのか、それとも垂れているのかです。まぶたを持ち上げる際には筋肉が使われるのですが、この働きが強い場合は二重になります。逆にこの筋肉の働きが最低限のものだと一重となってしまいます。
また、起床時に二重の方が一重になっているケースがあります。これは筋肉がむくんでいるために上手く皮膚を持ちあげられなくて生じます。脂肪がついているために本来二重の人が一重になっていることもあります。
一重だとしても生きていく上でまったく不便なことはありません。しかし、見かけのイメージには差がついてしまいます。


目を二重にする手術について

二重まぶたになるための施術には埋没法や小切開法といったものがあります。
埋没法とは糸でまぶたの上の部分を縫い付けます。これによって、自然とまぶたが持ち上げられて二重まぶたになれます。
小切開法では、二重のライン上を切開していき、余分な脂肪は除去します。後は糸で縫合をして完成です。高い技術力が要求されます。タレントやモデルのような目元になることができます。
どの方法でも、きちんとカウンセリングを受けて、シミュレーションをします。自分の理想とする二重を実現させることを期待できます。


クリニックで安全に二重まぶたにする

全身の血行が悪い冷え性体質も、花粉症になりやすい要因と言われています。冷え性を改善する食事のポイントは、果物や上白糖などの体を冷やす食品の摂取を控え、根菜類、生姜、にんにくなどの体を温める食品を積極的に摂取することです。また、動物性脂肪やコレステロールの摂取を控え、食物繊維が豊富に含まれる野菜やきのこ類を摂ることで、血液がサラサラになり血行が良くなり、冷えを改善できます。
バランスの良い食事はもちろんですが、規則正しい食事や適度な運動もアレルギー体質を改善するために、日頃から心がけておきましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約