自分の目を二重にするための方法

二重になってコンプレックスを解消できる

一重にはマイナスなイメージがたくさんあります。腫れぼったい目は老けた印象を与えてしまいます。また、一重であるために目つきが悪いと思われてしまう方もいます。暗い性格だとイメージされることもあります。
反対に二重のイメージにはプラスなものがたくさんあります。明るくて可愛らしいという印象を与えやすいです。華やかで若々しく美しいと思われることも多いです。
自分の目についてコンプレックスを抱いている方は多いです。一重の方が二重になることによって、コンプレックスが解消されて、堂々と生きることができるケースはたくさんあります。


どうして二重まぶたの人がいるのか

一重と二重の違いは皮膚が持ち上げられているのか、それとも垂れているのかです。まぶたを持ち上げる際には筋肉が使われるのですが、この働きが強い場合は二重になります。逆にこの筋肉の働きが最低限のものだと一重となってしまいます。
また、起床時に二重の方が一重になっているケースがあります。これは筋肉がむくんでいるために上手く皮膚を持ちあげられなくて生じます。脂肪がついているために本来二重の人が一重になっていることもあります。
一重だとしても生きていく上でまったく不便なことはありません。しかし、見かけのイメージには差がついてしまいます。


目を二重にする手術について

二重まぶたになるための施術には埋没法や切開法といったものがあります。
埋没法とは糸でまぶたの上の部分を縫い付けます。これによって、自然とまぶたが持ち上げられて二重まぶたになれます。
切開法では、二重のライン上を切開していき、余分な脂肪は除去します。後は糸で縫合をして完成です。高い技術力が要求されます。タレントやモデルのような目元になることができます。
どの方法でも、きちんとカウンセリングを受けて、シミュレーションをします。自分の理想とする二重を実現させることを期待できます。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

二重・目元整形の目的別施術方法

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元・二重施術の症例写真