どこまでが「プチ整形」で、どこからが「整形」?

プチ整形ってなに?整形ってなに?

瞳プチ整形とは、メスを入れることなく簡単にできる整形手術です。痛みや腫れもあまりなく、手術のリスクも少ない一方で、効果の持続性が低いため、定期的に施術を受ける必要があります。
整形は、実際にメスを入れ、切開や骨を削るなどの行為を加えることです。骨格やもともとあるものの形を変えたり整えたりするため、リスクはそれなりに高い一方、持続性が高いことが特徴です。

今回はこの2つの施術方法を、部位別にご紹介します。


プチ整形の代表例

プチ整形で行われる代表的な施術例をご紹介します。
・二重まぶた:メスを使わずにまぶたを細い糸でとめることによって二重まぶたにします。
・鼻:ヒアルロン酸を注入して鼻筋を通して鼻を高くします。
・シワ、たるみ:ヒアルロン酸やリジュラン(肌再生を促進する薬剤)を注入してハリを出します。
・シミやあざ、そばかす:しみやあざ、そばかすをレーザーで解消します。
・エラ、輪郭:エラにボツリヌストキシンを注射して筋肉の動きを弱めエラのハリを抑えます。
いずれの部位でも、効果を持続させるためには継続的に施術を受ける必要があります。


美容整形の代表例

続いて、美容整形で行われている代表的な施術例をご紹介します。

・二重まぶた:脂肪や目の周りの筋肉を切除するために目頭から目尻までを切開して二重にする「切開法」
・鼻:鼻の中から鼻先の軟骨を整えて鼻を高くする「鼻先形成」や、理想の鼻の形に合うように作った人工軟骨を鼻の皮膚の下に入れる「インプラント」
・シワ、たるみ:こめかみ辺りの、頭髪内を切開して、たるんだ皮膚と一緒にSMAS(表情筋の筋膜)を引き上げてたるみを解消します。
・顎:全身麻酔をして奥歯の根元を少し切って顎のエラを削る「エラ削り」

・胸:シリコンジェルバッグや生理食塩水バッグを大胸筋または乳腺の下に注入する「バッグ挿入法」

プチ整形と美容整形のメリット・デメリット

プチ整形のメリットとして、第一に挙げられるのは手軽であることです。
メスを使用しないため、傷口が残りにくく、ダウンタイムも短いので、平日や週末を利用して治療を受けることが可能です。費用も比較的お安く済むものが多く、学生さんや主婦の方でも気軽に試すことができます。
しかし、糸や注入のため持続期間が短いのが特徴で、色々な形やシルエットを試せる半面、気に入った術後の状態をキープするためには定期的な再治療が必要となります。

整形のメリットは、半永久的に術後の状態が維持できることです。
また、二重や鼻であれば細かなデザイン調整が可能、シワやたるみであれば強力なリフトアップが長期間持続、豊胸であれば大幅なサイズアップ、エラや輪郭であれば骨格から調整することができるなど、 デザインの幅が広がったり、骨格など根本的にお悩みを解消することが可能です。
しかし、元に戻せないというデメリットがあるため、信頼できる病院やドクター選びは慎重に行い、治療の特徴やリスクをしっかり把握することが大切です。
費用も比較的高額でダウンタイムも長くなるため、支払い計画をしっかり立てて、生活のリズムを調整したりお休みを確保する必要もあります。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

二重・目元整形の目的別施術方法

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元・二重施術の症例写真