鳩胸の悩みを解消してバストを美しく見せるコツ

女性にとってデリケートなバストの問題。他人にはなかなか相談しにくく、人知れず悩んでいる女性も多いのでは?
ここでは特に鳩胸について悩んでいる方に向けて、その解消法やバストを美しく見せるコツについてご紹介していきたいと思います。

鳩胸とは?

・鳩胸の特徴

胸の中央にある縦に長く硬い骨、これを「胸骨」と言います。
鳩胸とは、この胸骨が前方に変形して鳩のように胸が盛り上がって見える状態を指します。
逆に胸骨が陥没して胸が内側に凹んで見えるものは「漏斗胸(ろうときょう)」と呼ばれます。
漏斗胸では変形した骨によって内臓が圧迫され肺機能や心機能に障害が出る場合がありますが、鳩胸ではこのような心配はありません。
しかし、見た目に関してコンプレックスを抱きやすいという特徴は共通しています。
特に女性は着る服が制限されることもあり、悩んでいる方が非常に多い傾向があります。
軽度であれば成長とともに徐々に目立たなくなることもありますが、重度の鳩胸の場合では精神的苦痛も大きくなり更に高齢になったときに肺気腫や呼吸器系の疾患を患いやすいとも言われています。

・鳩胸の種類

鳩胸は3つの種類に分類されます。胸の下方が最も突出している第1型、胸の上方が最も突出している第2型、左右のどちらかが突出している第3型です。
割合としては第一型が全体の約7割と大部分を占め、次に第3型が約3割、ごく稀に第2型が存在すると言われています。
頻度としては数千に一人の割合で発症し、男女比は5:1で男性に多いのが特徴です。

・鳩胸の原因

鳩胸には、先天性のものと後天性のものとの2種類の原因があります。

①先天性の鳩胸
鳩胸の原因の多くは先天性なもの、特に遺伝的な要素が大きいと言われています。
そのため出生時から鳩胸が見られる場合がほとんどですが、体の小さい子どものころは目立っても成長とともに鳩胸が目立たなくなる軽度なケースも少なくありません。

②後天性の鳩胸
後天性の鳩胸の代表的な原因として、「くる病」という疾患があります。
くる病とは、乳児期のビタミンDやリン、カルシウムの不足により骨の形成不全が起こる病気です。骨が正常に発育しないことによって、鳩胸やO脚などを発症します。
しかし、くる病による鳩胸は原疾患の治療をすることで改善が期待できるものも多いという特徴があります。
くる病の予防のためには乳児期にビタミンDを十分に補給すること、日光にあたりビタミンDの生成を促すことがポイントです。
くる病の他にもマルファン症候群や骨形成不全症といった疾患も鳩胸の原因になり得るとの報告があります。

鳩胸の改善方法

①手術
鳩胸は胸骨の変形によって起こる症状です。根本的な改善には手術が必要となります。
鳩胸の手術は3歳から可能で変形した肋骨を切除するという、後遺症も少なく比較的安全な術式が行われるのが一般的です。
しかし、手術にはもちろん入院・通院が必要ですし、痛みを伴います。胸部に傷跡が出来てしまうのも女性にとってはつらいものです。また鳩胸の手術は、美容目的の手術とみなされると保険適応外となり全額自己負担とってしまうため、莫大な手術費用が掛かることもあります。

②矯正 症状が軽度であれば、矯正によってある程度の改善が認められるケースもあります。
矯正にはストレッチが有効です。まず体の前で腕を組んで、胸が突出している部分に当てます。そしてゆっくりと深呼吸しながら、胸部を少しずつ腕で圧迫していきます。1分間1セットとしてこれを毎日3セット行いましょう。
改善まで時間はかかりますが、自分でできるストレッチなので、まずは気軽に始めてみると良いでしょう。

鳩胸でもバストを美しく見せるコツ

ここでは、鳩胸でも少しでも胸を美しく見せる方法をご紹介します。

・3/4カップのブラジャーを選ぶべし

鳩胸は胸が前方に盛り上がって見えるため、女性の場合バストが大きく見えるという特徴があります。
その特徴を生かし、さらに上手に谷間を作ることで綺麗なバストラインを演出することが可能です。
ブラジャーにはフルカップや、1/2カップなどの種類がありますが鳩胸の方は3/4カップのブラジャーを選ぶことをおすすめします。
3/4カップのブラジャーは脇周りに流れがちなバストをギュッと寄せ上げて、綺麗な谷間を作るのに有効です。
同様にフルカップのブラジャーも流れていきがちなバストを全体的に持ち上げるのに優れていますが、鳩胸の女性にとっては胸の上方が苦しく感じてしまうことも。
加齢によりバストの下垂が進んでいる鳩胸の方にはフルカップのブラジャーも有効です。

まとめ

いかがでしたか?悩んでばかりいても、鳩胸は改善しません。まずはストレッチやブラジャー選びから始めてみるのはどうでしょうか?
鳩胸には胸が大きく見えるというメリットもあります。
マイナス面ばかりに目を向けず、コンプレックスを活かし綺麗なバストラインを作るよう意識を変えてみると明日からの生活が少し素敵になりますよ。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約