ストレスがバストに与える影響と対処法

最近仕事が忙しかったり、家事が忙しかったりと、ストレスを感じるようになってきてからバストに違和感を感じていませんか?
ストレスを定期的に発散する事で、バストへの影響や、心身へのダメージも緩和させることが可能です。
今回は、「ストレスがバストに与える影響と対処法」について、紹介して行きたいと思います。

ストレスはバストに影響する?

バストの大きさは、思春期〜成人期にかけての女性ホルモンの分泌量によって大きく変動します。
この思春期〜成人期の間に、ストレスを感じたり、激しい運動を行うことで、女性ホルモンが乱れ、バストの成長が止まってしまう可能性があるのです。
思春期は、学校での人間関係、受験、家庭環境など、ストレスを感じやすい環境にあります。そのため、ストレスを過剰に抱えることにより、バストの成長が早々に止まってしまうことも珍しくありません。
思春期〜成人期を過ぎ、大人になると、ある程度バストの大きさは、決まってきます。しかし、だからと言ってストレスを全く気にしなくていいわけではありません。
ストレスを過剰に感じることによって、女性ホルモンの分泌を妨げる、血流が滞る、など、バストに悪影響を与える可能性があるからです。

ストレスを緩和させる方法

運動する、体を動かす

運動をすることで、セロトニンやエンドルフィンという、ストレス緩和のある、成分を分泌させることができます。
ウォーキングや、ランニング、ストレッチなどでもいいので、体を動かすことを習慣化つけましょう。
目安としては、週2〜3回、30〜40分が効果的と言われています。
体に負荷をかけすぎると逆にストレスを生み出してしまう可能性があるため、楽しく、長く続けられる程度の負荷にしておきましょう。

睡眠をしっかりとる

睡眠をとることで、ストレスを受けた心身を回復させる効果があります。
深い眠りにつき、リラックスをし、今日感じたストレスを明日に引きずらないようにしましょう。
また、睡眠は、睡眠時間も大切ですが睡眠の「質」がポイントです。
深い睡眠(ノンレム睡眠)を長く続けることにより、メラトニンと呼ばれるホルモンの分泌を促す成分が分泌され、疲労回復や、ストレス耐性の効果があります。
「質」の高い睡眠を行うためにも、就寝1時間前には、テレビや、スマートフォンなどの液晶を見ないよう、心掛けましょう。

太陽光を浴びる

太陽光には、それを浴びることによって、交感神経が刺激されセロトニンが活性化させる働きがあります。セロトニンは、「三大神経伝達物質」とも呼ばれ、精神の安定を保つ効果があり、多く分泌されることにより、イライラや、不安が解消されます。
家庭の電気などでは、明るさが不十分でセラトニンの分泌が期待できないため、外に出て太陽子を浴びるようにしましょう。

ストレスに負けない簡単バストケア

睡眠をとる

ストレスの緩和方法でも触れさせていただきましたが、睡眠は、バストアップにも効果があります。22時〜夜中2時は、ホルモンが多く分泌される時間帯なので、その時間帯に深い睡眠(ノンレム睡眠)についておくことがポイントです。
その為には、22時前には、ベッドに入り、心身共にリラックスしておきましょう。

マッサージをする

マッサージを行うことで、リンパに刺激を与え、血流を良くします。モデルさんや女優さんも毎日行なっているそうで、形の良いバストを形成する為にも、重要です。
1日1回10〜15分行うだけで、大きな効果を期待することができます。

まとめ

これらのポイントを心がけることにより、ストレスのバストへの影響を緩和させることが可能です。
趣味の時間を作ったり、友達と遊んだりしてリフレッシュすることも大切です。 是非実践して見てください。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約