女性ホルモンによる体形の変化

女性ホルモンとは?

女性ホルモンとは子宮内で生成されて分泌されるホルモンのことで、女性は生理周期に合わせて活性化します。

この女性ホルモンは、張りのある艶やかな髪や肌、丸みのある膨らんだバストやヒップなど「女性らしさ」を作り出すホルモンで、バストアップや肌質改善にはこの女性ホルモンの働きが重要です。

また、妊娠や成長期などによる体系の変化も女性ホルモンが関係していて、これらのメカニズムを解説していきます。

エストロゲンの作用

女性ホルモンは2種類あり、その一つがエストロゲンです。生理の終わりかけから約7日間の卵胞期に多量に分泌されるため、卵胞ホルモンとも呼ばれています。

肌や髪に張り・ツヤを与える

エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸などの肌や髪に必要な成分の合成をサポートする作用があります。そのため、エストロゲンは「美のホルモン」と称され、美容に大変関わりがあるものです。

骨と血管を強くする

血管は善玉コレステロールの働き、骨はカルシウムの働きが重要です。エストロゲンは両方の働きを助けるので骨や血管を強くします。

乳腺を増やす

乳腺とはバストの内部にある組織で母乳を分泌する役割を担います。その乳腺の数を増やすように働きかけるのもエストロゲンの役目です。

プロゲステロンの作用

女性ホルモンのもう一種類がプロゲステロンです。こちらは生理前の黄体期に多量に分泌されることから黄体ホルモンとも呼ばれています。

子宮内膜を厚くする

プロゲステロンは子宮内に栄養を与えて、子宮内膜を厚くさせます。その理由は、子宮内に受精卵が着床しやすくするためです。このような働きから「母のホルモン」とも呼ばれています。

基礎体温が上昇する

受精卵が着床しやすくするために、基礎体温を上げるのもプロゲステロンの役目です。そのため、プロゲステロンの分泌が少ないと「冷え性」の原因にもなります。

乳腺を発達させる

増やすのがエストロゲンなら、一つ一つの乳腺を発達させるのがプロゲステロンの役目です。母乳の分泌にはプロゲステロンが必要不可欠で、妊娠中に最も活性化します。

女性ホルモンがバストアップの鍵

生理前に胸が張ってバストの見た目のサイズ感がアップする方もいると思います。それは、プロゲステロンの働きによるものです。

プロゲステロンは乳腺の発達を働きかけ、それと同時に水分をバスト内にため込むようにしますので、バストが内側から張ります。

もう一つのエストロゲンは、女性らしい丸みのある体形を作る作用なので、バストの膨らみにも関係があります。

そもそもバストアップというのは、バストの重要器官である乳腺を守るために体がバストに脂肪を集めるようになることによって、結果的にバストが膨らむという仕組みです。

乳腺はエストロゲンによって増え、プロゲステロンによって発達します。そうなれば、バストにさらに脂肪が必要だと体が判断するようになるので、バストアップには両方のホルモンが重要だと言えます。

ホルモンバランスを乱す原因

女性ホルモンは、生理の周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンが交互に活性化します。この一連の流れをホルモンバランスと称し、適切なタイミングで各ホルモンが活性化することで女性の体は美しく健康に保たれるのです。

しかし、このホルモンバランスはとても繊細なもので、心理的・外的要因でたやすく乱れてしまいます。ホルモンバランスを乱す要因は以下のものです。

睡眠不足

睡眠不足はまず自律神経を乱します。自律神経の乱れがもたらす作用は、イライラや鬱の心理的なものと肥満や肌荒れなどの体系的なものまで様々で、ホルモンバランスの乱れも含まれます。

睡眠時間はなるべく7~8時間、遅くとも夜2時までには就寝するように心がけましょう。

栄養不足

ホルモンは0からつくられるわけでは無いので、当然ながらホルモン分泌には栄養を必要とします。

女性ホルモンにとりわけ必要なのはタンパク質とビタミン類で、どちらも日本人が不足しがちなものです。生活習慣上、料理に気をつかう余裕がないようなら、サプリメントあるいはジュースや豆乳などの手軽に摂取できるもので補いましょう。

バストアップサプリメント

本来はバストアップのために摂取するバストアップサプリメントですが、飲み方を間違えるとホルモンバランスが乱れ、逆効果になります。

バストアップサプリメントは多くがエストロゲンの活性化か、エストロゲンと似た動きをする成分が含まれています。これを例えばプロゲステロンが分泌される生理前に飲んでしまうとバランスが乱れます。

バストアップサプリメントはエストロゲンが分泌される生理終わりの卵胞期に飲むのが適切で、ラベルや説明書に書いてある用法・用量をしっかりと守りましょう。

まとめ

女性ホルモンは女性らしい体を形成・維持するのに必要不可欠なもので、放っておくとバランスが乱れ、量も減ってしまいます。

女性ホルモンは健康な生活によってバランスよく分泌されるものです。サプリメントなども有効ですが、基本的には食事や睡眠などの生活習慣を整えることが最も重要です。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約