バストのアンチエイジングで普段気を付けておくこと

バストのアンチエイジングで普段気を付けておくこと
若いころは美しい形を保っていたバスト。
それが年齢とともに弾力やハリが失われ、下垂していくのは多くの女性にとって大きな悩みです。
アンチエイジングといえば、フェイスラインや顔のシミ、しわについてフォーカスされがちですが、こちらではバストのアンチエイジングについてご紹介します。

バストの型崩れの原因

バストが年齢とともに型崩れしていくことには、いくつかの原因があります。

女性ホルモンの分泌量の減少。

女性ホルモンの分泌は30代前後を境に徐々に減少していくと言われています。
女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」があり、これらの分泌増加によって
乳腺が発達していきます。
それらの分泌量が減ることで、乳腺の活性度の低下しバストにも変化が現れます。
また「エストロゲン」は女性らしい身体を作る働きがあり、肌のハリや弾力の低下に影響します。

バストを支えるクーパー靭帯の伸び

バストを構成するのは、主に
•乳腺
•脂肪
•クーパー靭帯
の3つです。
それらを大胸筋で支えています。
クーパー靭帯は乳腺と筋肉や皮膚を繋いでいる組織で、コラーゲンで構成されています。
このバストを内側から支えているクーパー靭帯ですが、ある程度の柔軟性はあるものの、一度伸びたり切れたりしてしまうと、元に戻らないためバストが下垂してしまいます。
バストが下垂すると、バストの上部、デコルテ部分の肉が下に下がり、貧相な見た目になってしまいます。

クーパー靭帯が伸びたり、切れる原因として、運動時の揺れが挙げられます。
ジョギングやジャンプをするスポーツではバストが激しく揺れるため、クーパー靭帯に大きな負担がかかってしまいます。
揺れを抑えるようなスポーツブラを必ず着用しましょう。

無理なダイエット

バストのほとんどは脂肪でできています。
「ダイエットをしたら胸が小さくなった」という話はよく聞くお話ですが、急激なダイエットで脂肪を減らすと、バストも小さくなってしまいます。
それによって皮膚が余り、型崩れがおきてしまうことがあります。
また無理な食事制限によるダイエットでは、バストを支える筋力も衰えてしまい、さらなる下垂につながる恐れもあります。

バストの型崩れを防ぐには

自分にあったブラジャーをする

バストの型崩れにおいてポイントとなるのは、
・バスト上部のハリ
・バスト下部とサイドのたるみ
です。
加齢によるホルモンバランスの変化と皮膚弾力の低下、クーパー靭帯の損傷などによってバスト上部(デコルテ部分)がそげていき、バストのサイドや下部がたわんでいきます。
サイズの合っていないブラジャーをしていると、このバスト下垂の流れを助長してしまいます。

ブラジャーが大きすぎる場合は、バストが固定されず、上下左右に揺れやすくなります。
それによってクーパー靭帯に負担がかかり、損傷しやすくなってしまいます。
小さいブラジャーを使用している場合、無理にバストを詰め込んでいると、脂肪がワキや背中に流れて行ってします恐れがあります。
また、バストが締め付けられて血行が悪くなり、必要な栄養がバストに届きにくくなる、締め付けすぎることでもクーパー靭帯に負担を与える、などのリスクがあります。
ノーブラは厳禁です。
ブラジャーを着用していないとバストを支えるものがなく、常に重力や揺れによる影響を受けてしまいます。
就寝時など窮屈でブラジャーを着用しない方もいるかと思いますが、寝る時の姿勢はどうしても胸が横に流れ、下垂やたるみの原因となります。

バストを支える筋肉を鍛える

クーパー靭帯の伸びや損傷を防ぐためには、バスト周辺の筋肉を鍛えることも有効です。
クーパー靭帯をサポートし、守ってくれる筋肉は、バストのすぐ下にありバストの土台ともいえる「大胸筋」と、胸の内側、肩甲骨と肋骨につながっていてバストを釣り上げている「小胸筋」です。
大胸筋、小胸筋のトレーニングには腕立て伏せが効果的です。
バストアップに効く効果的な腕立ての方法

また姿勢が悪く、猫背になってしまうと、血行が悪くなり大胸筋が衰えやすくなります。
肩から背中に広がる僧帽筋や広背筋のストレッチ
や肩甲骨周りのストレッチを行うことで、血行を促進すると同時に猫背や悪い姿勢の改善につながります。
姿勢を改善することはバストケアだけでなく、見た目の印象も変わります。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約