豊胸・胸の手術 ~胸縮小手術~

大きすぎる胸の縮小手術についてわかりやすい画像とともにご紹介します。

[目次]

胸の縮小手術とは

胸の縮小手術は、大きすぎる胸の乳腺組織や皮膚を切除し、体形に合う胸の大きさと形に整える手術です。大きすぎて垂れてしまっている胸のお悩みを解決します。

胸縮小手術は切開方法によって乳輪周辺切開、垂直切開、逆T字形切開に分けられます。

乳輪周辺切開による手術

乳輪周辺切開による手術は、乳輪の周りに円形の切開線を作った後、乳輪を中心に余分な皮膚と乳腺組織を切除し、乳輪の周りを縫合する手術です。

傷跡は乳輪の周りにのみ残り、徐々に目立たなくなっていきます。

乳房の肥大が軽度な方に適してますが、皮膚弾力が足りなかったり、胸の下垂の度合いが酷い場合には不向きです。

垂直切開による手術

垂直切開による手術は、胸の中央から垂直方向に皮膚と組織を切開し、内側の乳千組織を切除し、周囲の組織と皮膚を寄せて縫合することで、盛り上がった円錐形の胸を形作る手術です。

傷跡は、乳輪の周りと乳頭の下に垂直に薄く線が残ります。
胸の組織を利用して形を維持するので、手術後にも形が安定しやすいのが利点です。

乳輪周辺の切開よりも多くの乳房組織を切除できます。

逆T字形切開による手術

逆T字形切開による手術は、乳輪周辺に皮弁を形成しつつ、乳房の下部の皮膚と乳腺組織を広範囲に取り除き、乳輪を皮弁とともに上に移動させ、乳房の形状・乳輪や乳頭の位置を調整し固定した後、皮膚を縫合する手術です。
切開の範囲が広いため、胸が特に大きい方や、弾力のなさや下垂でお悩みの方にお勧めです。

傷跡は、乳輪の下から乳房下溝に逆T字に残り、乳輪の周りにも残ります。

胸の大きい方で乳輪も大きい方は、同時に乳輪縮小も行います。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

豊胸・バストの施術一覧

垂れた胸が気になる

豊胸手術・バストアップ施術の症例写真