豊胸によって胸を豊かにできる

豊胸により胸を大きくして自信を持つ

自分の胸の小ささに不満を抱えている方は多いです。胸の大きさというのは女性特有の悩みであり、胸の大きな女性はそれだけで女性らしさがあると判断されます。
女性の中には胸が小さくて服を着てもふくらみがないような人もいます。このような状態だと、自分の胸の小ささを気に病んでしまい、自分の存在そのものを否定してしまうこともあります。
豊胸をすることによって、胸を大きくできれば上記のような悩みは消え去るでしょう。胸が大きいことで自信を持てるようになり、堂々と他人と接することができるようになります。


胸の大きさはどのようにして決まるのか?

胸の大きさは色々な要因によって決まるとされています。たとえば、姿勢が悪い方はそれだけで胸が小さくなりやすいです。血行が悪くなるためきちんと胸に栄養が届かなくなり、その結果として胸が小さくなりやすいのです。また、姿勢が悪いと胸が小さく見えやすいです。
食生活のバランスが悪いと胸を成長させるための栄養が不足しやすいです。これが原因となって胸が小さくなることが多いです。特に成長期の食事はとても重要です。
冷え性の方は血行を悪くするために胸に栄養が届かなくなり小さくなりやすいです。他にも遺伝的な要因やホルモンバランスが関係しています。


豊胸の施術はどのようにして行われるのか?

豊胸の施術はどのようにして行われるのか?
豊胸の施術では主に二種類の方法が用いられます。一つはヒアルロン酸という物質を外部から注入することです。ヒアルロン酸は元々人体に存在している物質のため、体に害を与えることはありません。安全に利用することができます。
また、バッグと呼ばれる人工的な物質を入れる方法もあります。人工的な乳腺であり、体に害を与えず、自然な柔らかさを保つことができます。
上記の方法があるのですが、どちらもサイズを調節することができます。自分にとって理想的なバストのサイズを伝えれば、それにしたがって施術をしてくれるでしょう。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

目的別でみる施術方法

垂れた胸が気になる

豊胸手術・バストアップ施術の症例写真