胸の小ささは豊胸で解消できる

豊胸によって胸のコンプレックスを解消する

胸に対してコンプレックスを抱いている方は多いです。胸の大きさは遺伝的な要因で決まる部分があるため、成長期に自分の胸が成長しないことに悩みを持つ方もいるでしょう。
しかし、胸はすべてが遺伝的な要素で決まるわけではなく、胸を大きくするための生活を心がけることによって、ある程度胸を大きくすることは可能です。
自分には手遅れだと思っている人がいるかもしれませんが、諦めずに行動することは大切です。どうしても、胸を大きくできない時には豊胸をすることですぐに胸を大きくできます。そうすれば、自分の胸に自信がつくでしょう。


どうして小さな胸になってしまうのか?

胸の大きさを決める要素は色々とあります。その中でも大きなものは女性ホルモンです。女性ホルモンがたくさん分泌されれば、女性らしさのある体つきになります。そのために胸が大きくなりやすいです。
生活習慣が乱れている方はホルモンバランスが悪くなりやすいです。その結果として、胸が小さくなります。ストレスもホルモンバランスと大きく関わりがあります。生活の中で大きなストレスを受けることの多い方は胸が小さくなってしまうでしょう。
また、普段の食事の中でどれだけ栄養を摂ることができるのかも重要です。


美胸を大きくするためにできること

胸を大きくするには豊胸の施術を受けるか、普段の生活習慣を改善することの二種類の方法があります。豊胸の施術では、シリコン製のバッグを中に入れる方法ヒアルロン酸を注入する方法などがあります。どちらの方法も安全性が高くて、人体に害を与えないことが確認されています。
日常的にできる方法としては、バストマッサージが効果的です。これによって、血行が改善されるため、栄養分がきちんと胸にまで届きやすくなります。その結果、胸が育ちやすくなります。
普段の食生活も大切です。きちんと栄養を摂ることによって、胸が成長します。キャベツや大豆は良いとされています。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

豊胸・バストの施術一覧

垂れた胸が気になる

豊胸手術・バストアップ施術の症例写真