豊胸術で美ボディーを手に入れよう!


豊かな胸は、女性の憧れ

女性らしさや、女性の美しさを惹きたててくれる美しいバストラインは、今も昔も変わらず多くの女性の憧れになっています。
憧れるからこそ、実際の自分のバストラインに自信が持てないこともありますよね。
女性のバストに関する悩みはさまざまですが、特に胸のサイズが小ささに悩む「貧乳」がコンプレックスになっている場合、胸を大きくする「豊胸術」に興味のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、さまざまな貧乳の悩みから、実際の「豊胸」の施術方法などをまとめてご紹介していきます。


「貧乳」の悩みはいろいろ

「胸が小さいのがコンプレックス」
「筋トレや色々なバストアップ方法を試したけれどバストのサイズは変わらなかった」
「子供のおっぱいを卒乳したら、バストが小さくなり、張りもなくなってしまった」
「左右の胸の大きさが違い、片方だけが小さい」
「加齢によって、胸が垂れてしまい、元々の貧乳がより顕著に...」

上記のように、「貧乳」だけでなく、張りのなさや胸が垂れてしまうなど、そのほかの悩みが合わさることもあり、貧乳の悩みは多岐にわたります。これらの悩みを解消できる「豊胸術」にはどのようなものがあるのでしょうか?


プチ整形感覚で気軽に豊胸~ヒアルロン酸注入法~

「バストを豊かに見せたいけれど、整形に踏み切る勇気はない...。」と感じる方におすすめなのが、「ヒアルロン酸注入法」です。
「ヒアルロン酸注入法」と呼ばれるこの豊胸術は、注射でヒアルロン酸をバストに注入するだけで施術が完了します。この施術方法は、目標とするバストサイズに応じてヒアルロン酸の注入量を選ぶことができ、施術時間も短いのが特徴です。外科的な施術は行わないため、メスの傷跡も残りません。
また、注入直後から豊かなバストを手に入れられることが、「ヒアルロン酸注入法」の魅力となっています。


理想の美しいバストラインを手に入れる~バッグ注入法~

「2カップ以上バストサイズをアップしたい」「豊胸の効果を長く持続させたい」このように考える方におすすめなのが、「バッグ注入法」です。
バッグ注入法は一般的に、わきの下のしわに沿って3cm程切開し、そこからバッグを注入する豊胸術です。わきの下のしわに沿って切開するため、施術後の傷跡も目立ちません。
豊胸術に使用されるバッグは柔らかいため、見た目だけでなく、感触も自然であるのが魅力です。

今回は2種類の豊胸術をご紹介しました。それぞれに特徴があるため、自分の目的に合った豊胸術を見つけて、理想のバストを手に入れましょう。

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

豊胸・ボディ形成施術

垂れた胸が気になる

乳輪の形や色、大きさ

豊胸・ボディ形成施術の症例写真