二重まぶたの幅の理想はどのくらい?幅の種類はあるの?

一重まぶたよりも目が大きく見える二重まぶたですが、幅は広ければ良いものではありません。目が大きい方が可愛らしい雰囲気になりますが、顔全体のバランスも大事です。では一体理想の二重まぶたの幅はどのくらいなのでしょうか?

そこで今回は「二重まぶたの幅の理想」について詳しく説明します。二重まぶたの幅を広げたい、整えたいと考えている人はぜひ一度目を通してみて下さい。

二重まぶたの幅の理想は顔立ちによって変わる

二重まぶたは幅が広いほど目が大きく見えるので、
「できる限り幅を広くしたい!」
と考えている人もいます。

しかし顔が小さいのに二重まぶたが広すぎると、なんだか目だけが不自然に目立ってしまう結果になるのです。二重まぶたの幅は顔全体のバランスや顔立ちによって変わるので、広くすれば可愛く見えるというわけでもありません。

美容整形をする場合は本人の希望を元に、医師が顔と目のバランスを考えた二重まぶたの幅にしてくれます。しかしアイプチなどの二重美容液で二重まぶたにする人は、バランスを考えずに幅広くしてしまうという人が多いものです。

二重まぶたの幅の種類とそれに合う顔立ちをご紹介しますので、自分の理想の二重まぶたの幅を見つけてみて下さい。

二重まぶたの幅の種類と理想の顔立ちは?

二重まぶたの幅は全部で3種類あり、合う顔立ちだけでなく顔の雰囲気も違ってきます。日本人っぽくしたいのか、外国人っぽくしたいのかでも理想の二重まぶたの幅は変わりますので、一度種類を頭に入れておきましょう。

奥二重

奥二重はまぶたがかぶさって二重まぶたの幅が見えなくなっている二重のことです。二重まぶたの幅が狭い人はパッと見た感じ一重まぶたに見えますが、薄眼を開けた状態にすると二重の線が見えます。

奥二重はどんな顔立ちでも合いますが、目つきがシャープに見えるのでクールな雰囲気にしたい人向けです。

末広型

二重まぶたが末広型になっている人は、目頭より目尻の二重まぶたの方が幅広くなっています。日本人はこの末広型の二重まぶたの人の割合が多いのです。なぜ目尻の方が二重まぶたの幅が広いのかですが、まぶたには「蒙古(もうこ)ひだ」と言って、二重の線を上から覆っている皮膚があります。蒙古ひだがあるので、目尻の方が二重まぶたの幅が広いのです。

日本人に多い二重まぶたの幅なので、末広型にすると自然なぱっちり二重になります。外国人のように鼻などの顔立ちがはっきりしている人より、凹凸が少ない顔の人に合う二重幅です。

並行型

並行型の二重まぶたの幅は、目頭から目尻にかけての二重幅がほぼ平行です。外国人に多い二重幅なので、顔立ちがはっきりした人に合う二重幅になります。

並行型の中でも二重まぶたの幅が広い人と狭い人に分かれますが、広いと外国人のような雰囲気に、狭いと大人な雰囲気になるので参考にしてみて下さい。

二重まぶたの幅を理想に近づけたいなら美容整形がおすすめ

二重まぶたの幅はアイプチや二重美容液で理想の幅にするのは難しいものです。シールタイプのものは自分で細かくカットしなければいけませんし、ノリタイプは塗るたびに幅が変わってしまいます。

そのため、二重まぶたの幅を手っ取り早く理想に近づけたいなら美容整形がおすすめです。美容整形にも種類がありますが、埋没法ならメスを入れないので初心者でもやりやすい手術になります。比較的安い価格で受けられますので、興味がある人はご相談ください。

まとめ

二重まぶたの幅には種類があり、自分の顔立ちやなりたい雰囲気で理想の幅は変わります。まずはどんな雰囲気にしたいのかを決め、それに合わせて3種類の二重幅の中からやりたいものを選びましょう。埋没法など美容整形を検討している方はカウンセリングで医師としっかり相談して自分にあった理想の二重を手に入れましょう

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

目元施術

華やかな二重に

腫れぼったい目元に

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元施術の症例写真