目元の手術 ~二重の手術:埋没法・部分切開法~

目二重の手術における埋没法と部分切開法についてわかりやすい動画、画像とともにご紹介します。

[目次]

動画で解説

埋没法による手術とは

埋没法は糸を瞼に埋めて二重を作る手術法で、デザインしたラインに沿って数箇所、糸で瞼の裏表を交互に連結させ瞼板と皮膚を結びつけます。
もっとも手軽でダウンタイムもほぼありませんが、眼窩脂肪が多く瞼のはれぼったい方や、皮膚がたるみが顕著な方は、取れたり緩んだりしやすく不向きです。

埋没法は局所麻酔もしくは静脈麻酔を使用し、30分ほどかかります。手術から5日前後で抜糸をし、その時から洗顔と化粧が可能です。

ダウンタイムも短くお手軽に、自然な二重の目元に整えます。

部分切開法による手術とは

部分切開法は切開法と埋没法の短所を補いつつ二重を作る手術法です。
デザインしたラインに沿って、2から3ミリほど切開して脂肪を除去し瞼板と皮膚を固定し縫合した後、埋没方にて数箇所糸で留めます。

局所麻酔もしくは静脈麻酔を使用し、1時間ほどかかります。手術から5日前後で抜糸をし、その時から洗顔と化粧が可能です。

切開と埋没のいいとこ取りで、切開よりダウンタイムも短く、脂肪も除去し埋没よりもハッキリとした美しい目元に整えます。

二重手術は、目頭や目尻の切開と、目元のたるみ取りなどの修正手術をあわせて行うことによって、短所を補いつつ目を大きくさせると、さらにぱっちり、すっきりとした目元が完成します。

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

目元施術

華やかな二重に

腫れぼったい目元に

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元施術の症例写真