地道な努力で夢が叶う?!パッチリ二重に魅せる自力テク

蒸しタオルで目のむくみを緩和

女性なら、誰でも一度はパッチリ二重に憧れたことがあるのではないでしょうか。でも、そのために手術までするのは...というあなた。ひとまず自力でチャレンジしてみましょう!まずは、ちょっとしたダイエットや血行を良くするなどして、まぶたの脂肪やむくみをとること。まぶたが重たくなっていることで、本来二重だったものが一重になっていることも。そこで、毎日5分間くらい、まぶたの上に蒸しタオルを乗せてみましょう。これで血行が良くなり、まぶたのむくみを緩和することができます。


マッサージで血行をアップ

目のスッキリ感にはやさしくマッサージすることがおすすめ。アイクリームなどで目の周辺の滑りを良くした後、指の腹でまぶたの目頭から目尻にかけてなぞるように往復させます。何度か往復させたら、まぶたの脂肪をこめかみに流すような感覚で、目尻までなぞりましょう。これで余分な脂肪のたるみを緩和できるうえに、血行がさらにアップ!ただし、目元は皮ふの弱い部分なので、強くこすり過ぎるのはNG。あくまでもやさしく、地道に繰り返すことで夢の二重に近づくことができるかもしれないのです。


ソフトな棒状のものでラインを作る

まぶたのたるみが落ち着いてきたら、二重のラインをクセづけしていきます。どこにラインを作りたいかを決めたら、ピンの丸い部分など棒状の細いもので、何度もやさしくなぞってみましょう。ずっと同じラインを作り続けるのがポイントです。ラインが着いた感覚になったら、上目づかいにしたり眼球を左右に動かすなどしてラインの定着を。これを毎日、日々繰り返しおこなうことで自然に二重ができる可能性があります。なおアイプチの使用は、人によっては肌が荒れたりもっとたるんでしまったりと、個人差があるようです。


メイクで二重に魅せることができる?!

地道な努力は向かない...というあなたは、ぜひ二重に見えるアイメイクのマスターを。ポイントは、二重のラインを作りたいところにブラウンのアイライナーで線を引くこと。その際、目を伏せずにしっかり正面を向いて、目を開いたときでも線がわかる位置に引きましょう。あまり強く引くとわざとらしくなるので、少しずつ線を書き足すような感覚で。その後、線を引いたところまでアイシャドーを入れ、リキッドアイライナーでまつ毛の際を埋めます。最後にもう一度、目を開いて正面から鏡を見て、二重のラインにブラウンのアイライナーを足して仕上がりです。マスカラはお好みで。
いずれにしても、自力で二重を目指すためには日々の地道な努力が必要。でも飽くなき探求心が、あなたの顔の印象を変えてくれるかもしれませんよ!

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

二重・目元整形の目的別施術方法

目の形を変えたい

黒目に瞼がかぶっている

目元・二重施術の症例写真