二重に憧れる一重の方がするべきこと

コンプレックスを抱える方は多い

ぱっちりした二重に憧れている女性は少なくありません。一重だとどうしてもキツイ顔立ちになってしまいますし、そうした女性の多くは日々メイクで一生懸命目を大きくしようと奮闘しているのではないでしょうか。しかし、いくらメイクでごまかしたところで根本的な原因はなくなりませんし、メイクで隠すにも限界があるものです。
一重瞼に大きなコンプレックスを抱えている女性は少なくありません。そのコンプレックスが原因で恋人にもメイクを落とした顔を見せたくない、と悩んでいる方は大勢います。ここでは、一重の方が手軽にできる対策などについてお伝えします。


一重まぶたの原因とは

一重まぶたは生まれつきだから原因も何もないでしょ、と思ってしまった方は多いかもしれませんが、確かに一重かどうかというのは遺伝によって決まる部分が多いです。両親のどちらかが一重という方はその遺伝子を引き継ぐことによって一重になることが多いのです。
しかし、本来二重、もしくは奥二重にも関わらず一重になってしまうこともあります。例えば水分を過剰に摂取し過ぎてむくんでしまったり、瞼に脂肪が付きすぎている状態では二重にも関わらず一重になってしまうということがあるのです。時々二重になることがあるけど基本一重、という方だとこうしたケースが多いようです。


一重まぶたの方ができる対策

二重になったり一重になったりする、という方の場合だとむくみが原因ということが多いですから、塩分を控えることから始めてみましょう。塩分が体内に多いとそれだけ水分を蓄えようとしますから結果的にむくんでしまうのです。
また、人によってはずっと一重だったのにダイエットしたら二重になった、という方もいます。これはダイエットして痩せることに成功しまぶた近辺についてた脂肪がなくなったことが理由と言えるでしょう。実際、肥満の方だと一重の方が多いですから、心当たりのある方は健康のためにもまずダイエットを始めてみると良いかもしれません。


クリニックでのクイック法

クリニックでも一重から二重にすることができます。しかし、大切な目元にメスを入れるなんて、と不安や抵抗を感じてしまう方も多いでしょう。現在ではメスなど使わずに自然な二重を手に入れることのできるクイック法などもあり、糸で留めるだけの方法ですから傷跡なども残りません。10分ほどで施術も終わりますから人気の高い方法です。
クリニックではほかにも複数の方法が提供されているようなので、気になる方は一度調べてみると良いでしょう。また、もしかしたらむくみやまぶたの脂肪が原因ということもありますから、食生活にも注意してみることです。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約