二重にするための手術について

二重まぶたになるための手術を受ける

自分の体の中のそれぞれのパーツに関して気に入らない部分があるという方は多いです。特に多くの方が気にする部分として目元があります。まぶたが一重か二重かによって、その人のイメージを大きく左右してしまうのです。
二重になることができれば、目だけでも周りの人から魅力的に思われます。目が印象に与える影響はかなり大きいのです。しかし、通常は一重として生まれてしまうと二重になることは容易ではありません。
しかし、どうしても二重になりたいならば、手術によって二重に生まれ変わる方法があります。


一重と二重はどう違うのか

一重まぶたと二重まぶたができる原因の一つは筋肉の問題です。筋肉によって目を開けることができるのですが、この時にまぶたの皮膚が引っ張られます。二重の人の方が筋肉が発達しているために、皮膚が内側に隠れるようになります。一方、一重の方はまぶたを完全に上げることができないために、目が小さくなってしまい、まつげも下向きになり、暗い印象を与えてしまうのです。
たまに一重の方が二重になることがありますが、これは筋肉の使い方の問題や脂肪が少なくなったことなど色々な理由があります。


二重にする施術の方法について

二重になるための施術には色々な種類があります。まず、大きく分けて切る施術と切らない施術があります。
切る施術の場合は半永久的に二重の状態を持続できます。ラインを決めて、それに沿って切開します。施術後に腫れがしばらく残ってしまうことがデメリットとなります。
切らない施術として埋没法があります。この施術ではメスを使うことがありません。糸を用いて内側から留めることにより、二重になります。キズが見えることはなく、糸を抜く必要もありません。医療用のとても細い糸を使います。
どちらの方法も丁寧にカウンセリングを行い、希望するラインの二重を実現させます。


クリニックの施術により二重まぶたになる

セルフケア以上の効果を望むなら、美容外科を頼ってみるのも一案。美容外科でのリフトアップ方法には、さまざまな方法がありますが、今回は自己再生力を高めることでリフトアップをもたらす「ショッピングリフト」法をご紹介します。
「ショッピングリフト」は、コラーゲン生成能力のある微細糸を、皮膚の真皮に挿入することで縫い込むことで、皮膚の自己再生能力を改善させる施術方法です。メスを使わない方法で、施術時間も30分~1時間程度で行なえることが魅力です。

エクササイズ、サプリメント、美容外科で行なえる施術3つのリフトアップをご紹介しましたが、気になる方法はありましたか?自分に合った方法で「たるみ」や「しわ」を改善しましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約