まぶたの脂肪取りで二重になるってホント?


脂肪を取ることで二重形成もできる!

痩身のための美容外科施術というイメージが強い脂肪吸引。実はダイエットのためだけではなく、スッキリとした二重まぶたになるためにも活用できることをご存知ですか?
まぶたが重く腫れぼったい印象になってしまうという方は、まぶた部分の脂肪が原因であることも...。いくらダイエットしても自力では取ることが難しいまぶたの脂肪でも、クリニックならば切開をせずに取り除けるのです。
今回は、脂肪取りによってスッキリとした二重まぶたを手に入れる方法をご紹介します。

まずはカウンセリングでなりたい目元のイメージを決める

なりたいまぶたを決めるカウンセリングは、大変重要です。初めての方は緊張するかもしれませんが、理想の二重を担当医と共有するため、遠慮せずに自分のイメージをしっかりと伝えるようにしましょう。
また、自分では「こうしたい」というイメージがあっても、顔のバランスを客観的に考慮した場合、不自然になってしまうことも...。そうならないためにも、専門医のアドバイスはとても大切です。
除去する脂肪の量や二重の幅は、顔全体の印象を大きく左右します。納得がいくまで時間をかけて話し合うことが、二重づくりで失敗しないためのポイントです。

切開をしなくても脂肪を取り除けます

まぶたの脂肪吸引は、切開せずに行えるのです。
方法としては、二重のラインに沿った一部分に針穴を開け、そこから内部の脂肪を取り出します。
切開をしないため、縫合や術後の抜糸の必要もありません。
また、施術時には局所麻酔を行い、麻酔薬には血管収縮効果のあるものを用いるため、痛みも出血もほとんどありません。
まぶたの脂肪取りは、手術のリスクが低く、スッキリとした二重を手に入れたい方にはおすすめの方法なのです。

傷跡も目立たず翌日からメイクも可能

まぶたの脂肪吸引は、切開せずに行えるため、ダウンタイムも短く、施術後は翌日から化粧をすることができます。二重の線の部分に穴を開けるため、術後の跡も目立たず、スッキリとした自然な二重まぶたを手に入れられることが魅力です。
アイプチをしても二重の跡がつきにくい場合や、まぶたが重く腫れぼったいと感じる方は、脂肪取りと埋没法を組み合わせるとスッキリとした二重まぶたを手に入れられます。重いまぶたに悩まされているという方は、専門機関に相談してみましょう。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約