憧れのぱっちりとした二重まぶた!目元の印象はとても大切です!


顔の印象は「目元の雰囲気」で大きく変わる

目が細く重たげな印象に見えやすい一重まぶた。ぱっちりと瞳が大きく、まつげも長く見える二重まぶた。顔の印象は目元の雰囲気で、ずいぶんと大きく変わります。その他にも、まぶたの薄さや厚さ、二重の幅などでもさらに印象が変わるものです。
目元はそれぞれ個性がありますが、一般的には印象の強い二重まぶたが人気です。特に女性は二重の幅が広く、くっきりとした二重に憧れることが多く、目元にポイントを置いたメイクなどの特集などは、雑誌でも多く見かけます。


女性は目元にコンプレックスを抱えている人が多い?

ほとんどの女性が目元に何らかのコンプレックスを抱えており、特に一重まぶたの方は目が小さく見えたり、目つきが悪く思われているのでは?などと悩んでいることが多いようです。

最近では、目元をよりぱっちりと印象的に見せるためのさまざまなアイテムやメイク用品も、たくさん販売されています。瞳を大きく見せるコンタクトレンズ、一重を二重にするためのアイプチやアイテープなどはよく知られているグッズです。
しかしながら市販のアイメイク商品を使うのは一時的な方法で、根本的な解決ではありません。そのうえ自分に合わないものを無理して使用することで、目に何らかのトラブルが起こる可能性も考えられます。


美容整形外科で二重まぶたにする

以前に比べて、二重まぶたの施術にかかる費用も比較的安価になってきました。ネットなどで美容整形外科に関する情報をすぐに調べることもでき、日帰りで手術を受けられることもあります。

メディアでも二重まぶた手術の事例紹介がされることがあり、芸能人やモデルさんなどの体験談もある時代です。「プチ整形」などの言葉などもよく聞かれ、ますます身近な存在となりました。
そのような背景からも、最近では安心して施術を受ける女性が増えています。


二重まぶたの施術は主に2種類!印象的な目元にする方法はたくさんあります

美容整形外科での施術にはさまざまなパターンがありますが、二重まぶたに関しては大きく分けて2つの方法があります。

埋没二重」は、二重にしたい位置を糸で止める施術方法です。時間も10分程度で終わり、自然な二重を作ることができます。もうひとつは「全切開法」で、まぶたを切開して皮膚をつなぐことで、ぱっちりとした二重を作りだす施術方法です。
その他にも、涙袋形成や目頭、目尻切開や、目の下・目の上のたるみ取り、まぶたの脂肪取りなど、一人ひとりの理想を叶える施術方法があります。自分にとって相性のよい方法はどれなのか知るために、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約