バストアップと生理周期の関係性

生理前や生理中に胸が張ったり痛くなったりを経験したこともある女性は多いと思います。
女性の体はホルモンの影響を受けて1ヶ月の中でもさまざまに変化しているのです。ここでは生理周期とバストの関係、またそれぞれの時期に合わせたバストアップについてご紹介します。

バストは変化する?

女性ならやっぱり気になる。バストのこと。

 

30~40代になると徐々に気になり始めるボディラインの崩れ。中でもバストについては女性特有の深刻な悩み。
胸にハリがなくなり、何となく垂れてきたような気がし始める人も多いでしょう。

バストの大きさや形に変化が変化する原因は?

 

女性のバストは思春期から膨らみ始め、24~26歳ころに完成すると言われています。
思春期頃から女性ホルモンの分泌が始まり、女性の体は丸みを帯び赤ちゃんが産めるように変化していくのです。

そもそも女性の胸が大きくなるのはなぜ?

 

女性の胸は母乳を出すために、ホルモンの働きによって乳腺を発達させていきます。
そしてこの発達した乳腺を守るために脂肪がついて胸が大きくなるのです。

バストと生理の密接な関係

 

自分のバストの大きさが、日々変化していることをお気づきの皆さんも多いと思います。
完成したバストは生理と密接な関係を持っており、ホルモンの影響を受けて膨らんだりしぼんだりを繰り返しています。

加齢とともに乳腺は退化する

 

完成したバストはいつまでもその状態を維持するわけではなく、加齢とともに乳腺が退化しハリを失っていきます。
退化した乳腺は脂肪に置き換えられるため、バストサイズ自体はさほど変化はありませんが脂肪だけのバストはたるんだ状態になってしまいます。

 

大人の女性のバストアップは可能?

ここまで説明を聞いて「じゃあもう完成したバストをサイズアップすることは無理なの!?」「しぼんだり垂れたりしていくのを黙って見ているしかないの!?」と悲しい気持ちになっていませんか?
 実際に30~40代でも20代のころに比べてバストアップした人、綺麗なバストをキープしている人はたくさんいます。では大人のバストアップには一体何がポイントなのでしょうか?

大人のバストアップは女性ホルモンの働きを上手に利用して

女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」  

女性の体はこの二つのホルモンが交互に作用することで生理を繰り返しています。
エストロゲンには肌に潤いを与える作用が、プロゲステロンには乳腺を発育させる作用がありこの二つのホルモンバランスが保たれていることが大人のバストアップには必要不可欠なのです。

ホルモンのバランスを整えるには  

ホルモンバランスを整えるには、生活習慣の改善が一番の近道です。規則正しい食事、十分な睡眠、適度な運動、ストレスを溜めないなどまず自身の生活を見直してみましょう。

バストアップサプリでホルモンバランスが乱れる?

 

バストアップのためにサプリに手を伸ばす女性も少なくないと思います。
しかし、サプリに含まれるある成分が余計にホルモンバランスを乱し、バストアップを妨げるどころかさまざまな不調の原因となっている可能性すらあるのです。

バストアップサプリに含まれる「プエラリア・ミリフィカ」

一般的なバストアップサプリには「プエラリア・ミリフィカ」という成分が含まれています。この成分はエストロゲンの成分の分泌を促進すると言われており、バストアップやお肌が綺麗になるなどの効果が期待できます。

飲み方によってはホルモンバランスが乱れてしまう!  

女性の体はエストロゲンとプロゲステロンの二つのホルモンの影響を受けて変化していると説明しました。
バストアップサプリを飲み続け、常にエストロゲンの分泌ばかりが促進されてしまうと本来プロゲステロンの分泌が盛んになるべき時期にホルモンバランスが崩れてしまうのです。

バストアップサプリは卵胞期(生理後~排卵日)に摂るのがベスト  

バストアップサプリはエストロゲンの分泌が盛んになる生理後~排卵日に摂取することで最大限の効果を引き出すことができます。
逆に排卵後~生理開始まではバストアップサプリの摂取は控え、プロゲステロンをしっかり分泌させることが大切です。チェストベリーやワイルドヤムなどのサプリはプロゲステロンの分泌を助けてくれる働きがあるので、取り入れてみるのもいいでしょう。

ホルモンバランスを整えることがバストアップへの近道

 

ホルモンバランスを整えるにはサプリを利用するのもいいですが、やはり普段の食生活から女性の体にいい成分を摂取するのがおすすめです。

女性の強い味方「イソフラボン」

 

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることは有名ですよね。1日80mg上限に摂取することで、良い変化が期待できるかもしれません。

最近注目されているキャベツに含まれる「ボロン」

「ボロン」という成分はエストロゲンの分泌を助けると言われています。ボロンはキャベツ以外にもリンゴやブドウ、アーモンドにも含まれていますので普段の食生活に上手に取り入れてみてください。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約