豊胸・胸の手術 ~胸の手術方法~

豊胸における胸の手術方法についてわかりやすい画像とともにご紹介します。

[目次]

胸の手術方法

シリコンバッグを使った豊胸を考えているのであれば、最も相応しいシリコンバッグの種類は何か? バッグ挿入のために何処を切開するか? バッグはどれぐらいの深さに入れるべきかなどを知っておかなければなりません。

シリコンバッグの種類については、内容物、形態、表面、高さによって種類が多様に異なります。

シリコンバッグには大きく分けて、ラウンド・スムース タイプ、ラウンド・テクスチャード タイプ、アナトミカルテクスチャードタイプがあります。

切開する部位は腋、乳輪、胸の下、へその4通りがあります。

シリコンバッグを挿入する位置は乳腺の下、筋膜の下、筋肉の下、または二重平面という方法にて挿入します。
患者様の胸の状態を把握して最適な位置に挿入いたします。

>> 東京美容外科の「豊胸手術/バッグ挿入」の詳細はこちら

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

その他の施術

垂れた胸が気になる

豊胸手術・バストアップ施術の症例写真