胸の形に自信がないならバストアップ

胸の形がよくなるとハリも出てくる

胸の形が綺麗なほうが良いことは知っていても、理想と現実は異なるもので、自分の胸の形が気に入っていなかったり、自信が持てずにいる女性はたくさんいるものです。もしもこのような状態にあるのであれば、バストアップをおこなうことを考え、胸の形を変えていくことを考えてもいいのかもしれません。実際、このような方法によってバストの形を変えている人もいるのです。そして、理想的なバストの形状を手に入れている人や理想的な張りを手に入れている人もいるのです。胸はとても重要な要素であるからこそ、しっかりバストアップしている人が多いのです。


垂れたバストは見た目がよくない

若いうちは自分のバストをしっかり支えることができ、上向きだったものの、やがては垂れてしまうこともあります。バストが大きい人の場合には特に垂れてしまう可能性を持っており、重いが故に垂れてきてしまうことがあるのです。また、走ったりして胸が左右に揺られてしまう場合などにしっかり保護できていないと、垂れてしまうこともあると言われています。このようなバストはどうしても見た目としてよくありません。周囲の方々にしっかりしたバストを見せていきたいのであれば、垂れたバストを放置することだけはやめておくようにしてバストアップをおこなう人が多いのです。


ハリを持たせて自分に自信を持とう

バストにハリが無くなってくると、徐々に胸が垂れてきて見た目としてあまり良い状態ではなくなってきます。また、自分で自分に自信が持てなくなってしまうこともあります。そうなればできることもできなくなってしまう可能性が出てくるわけですが、このような場合に試しておきたいのがベストアップです。バストをハリのある状態に戻すといわれるバストアップマッサージなどをおこなって、自分自身のバストをかつてのようにハリのある状態を目指しておきましょう。結果は人それぞれですが、この状態を目指すことは誰にでもできると言われています。


クリニックでバストアップを目指す方法

バストアップをおこなってベストをかつてのようハリのある状態にしていくことによって、バストが垂れてしまった状態から脱することも不可能ではなくなります。そのため、バストアップを目指せるマッサージをおこなっていきたいところですが、その対応はプロにお任せしておくのがいいと言われています。自分では何をどう触っていけばバストアップを目指せるのかわかっていない人が圧倒的に多いはずですから、そのような知識のままで触ることは避けておきましょう。しっかりとノウハウを持ったプロがクリニックにはいますので相談してみましょう。

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

豊胸・ボディ形成施術

垂れた胸が気になる

乳輪の形や色、大きさ

豊胸・ボディ形成施術の症例写真