食事・筋トレ・ヒアルロン酸...!?意外なバストアップの方法とは?


胸ってなに?

女性の美しいラインをつくるボディライン。特に女性の身体の中でも「胸」は女性らしい外見だけでなく、内的にも女性の美しさを引き出してくれる大切な部分です。
女性の胸は、1割が乳腺、残りの9割が脂肪で構成されています。胸の中心部に乳腺があり、乳腺を保護するように周囲に脂肪がついています。そのため、バストアップにはこの「乳腺」と「脂肪」の2つがキーになります。
美しく綺麗にバストアップするためには、どの様な方法があるのでしょうか?今回は、食事法・筋肉トレーニング・クリニックでのバストアップ術の3つをご紹介していきます。

食事で乳腺を発達させられる!?

乳腺を発達させるためには、女性ホルモンの分泌を助ける「イソフラボン」を多く含んだ食事を心がけましょう。イソフラボンは、豆乳や豆腐などの大豆を使用した食品に多く含まれています。
また、良質のたんぱく質が含まれる「チーズやヨーグルト」、他にも「鶏肉」、「ナッツ類」なども、イソフラボンの吸収を高め、バストアップをはじめ、健康な素肌に効果のある食品であるため、毎日の生活の中で意識して摂取するようにしましょう。


形の良いバストを保つには、筋トレが不可欠!

せっかくバストアップが成功しても、それを支える周辺の筋肉がなければ、だらりと垂れて不格好なバストになってしまいます。
バストを支える筋肉は主に「大胸筋」と「小胸筋」と呼ばれる2つの筋肉です。「大胸筋」はバストの上層に、「小胸筋」はバストの下層に存在しています。
大胸筋を鍛えるためには、腕立て伏せやダンベル上げなどが有効です。鍛えすぎはバストの脂肪を落とし、バストダウンになってしまうので、注意しましょう。小胸筋は凝り固まっていることが多いため、ストレッチやバストマッサージを行い、血行を促しましょう。

ヒアルロン酸注入で、あこがれのバストサイズをゲット!

最後にご紹介するバストアップ方法は「ヒアルロン酸注入」です。施術時間は20分程度で、注射直後からバストアップが望めます。目指すバストのサイズによって注入量の調節が可能な方法です。
注入するヒアルロン酸の量に依存しますが、通常は注入後1~2年で自然と体内にヒアルロン酸が吸収され元のバストに戻ります。メスで切る必要のない施術方法であるため、術後の傷跡も気になりません。
バストアップは、胸の大きさだけでなく、バストの形も重要です。大きさと形のバランスを取りながら、美しいバストを手に入れましょう。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

豊胸・胸の関連記事

豊胸・バストの施術一覧

垂れた胸が気になる

豊胸手術・バストアップ施術の症例写真