目と目の間の鼻(鼻根)を高くする方法ってあるの?簡単にできる?

目と目の間の鼻(鼻根)が低いと、鼻筋が目立たないですよね。目と目の間の鼻が高い人の方が鼻筋が目立ち、メリハリのある顔に見えやすいものです。

鼻筋がスッとしている人の方が美人に見えるので、高い鼻に憧れている人は多いはず。でも一体どうすれば目と目の間の鼻を高くできるのでしょうか?

そこで今回は「目と目の間の鼻(鼻根)を高くする方法」をご紹介していきます。低い鼻に悩んでいる人はぜひ参考にしてみて下さいね。

目と目の間の鼻(鼻根)が低いのが悩みの人はたくさんいる

目と目の間の鼻が低いと、鼻筋が目立ちにくく鼻全体の印象が薄くなってしまいます。美人顔の人や海外の人は鼻が高いので、鼻筋がはっきりとしていて全体時に整った顔に見えますよね。

とは言えいきなり鼻を高くするのは難しいですから、ハイライトを使ったメイクで鼻を高く見せる人は多いものです。鼻を高く見せるメイク方法の動画やウェブ記事もたくさん見かけるので、それだけ目と目の間の鼻が低いのに悩んでいる人が多い証拠でしょう。

しかしメイクは洗顔で落ちてしまいますし、少しでも崩れたら低い鼻に戻ってしまいます。「目と目の間の鼻が高い状態をキープしたい」と思う人もいるでしょうが、それが叶う方法はあるのでしょうか?次の章で詳しく説明します。

手っ取り早く高い鼻根にしたいなら美容整形がおすすめ!

自分で目と目の間の鼻を高くする方法は費用が少ないのがメリットですが、1ヶ月以上は継続してケアをしないと鼻は高くなりません。
もし「できるだけ早く鼻を高くしたい!」と考えているのなら美容整形がおすすめです。美容整形で目と目の間の鼻を高くする方法を説明します。

糸を使って鼻を高くする

鼻にメスを入れるのが不安な人には、糸を使った美容整形がおすすめです。細い糸を鼻筋と鼻柱に入れ、鼻先を高くすることで鼻が高くなります。

これは目と目の間の鼻を高くする手術ではなく鼻先が高くなりますが、それだけでも鼻全体の印象がガラッと変化するもの。施術時の痛みは少ないのですが、心配な人は局所麻酔も使用できます。

ヒアルロン酸を注入する

目と目の間の鼻や鼻筋にヒアルロン酸を注入する方法でも鼻は高くなります。適度な量のヒアルロン酸を鼻に注入することで、横から見た時でも鼻筋のラインがキレイ見えるのが特徴。

注射器を使ってヒアルロン酸を注入していくので、局所麻酔を使用します。1時間程度で終わる施術で入院の必要はありませんが、1年~1年半くらいの期間でのメンテナンスが必要です。

プロテーゼを入れて鼻筋を高くする

鼻柱もしくは鼻の穴の奥を少しだけ切開し、プロテーゼと呼ばれるものを挿入して鼻全体を高くする方法もあります。この方法は鼻を切開する必要がありますが、一度プロテーゼを入れれば半永久的に高い鼻をキープできるのがメリットです。

施術にかかる時間も15分程度なので、体への負担も少なくて済みます。少し腫れることがありますが、外出できない程ではないので大丈夫です。

まとめ

もし早く鼻を高くしたいのなら、美容整形を検討してみると良いです。まずはカウンセリングで医師と相談をして、理想の鼻になるかどうかを聞いてみましょう。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長 麻生 泰 医師

目的別でみる施術方法

鼻・鼻筋施術の症例写真