東京美容外科 医療顧問 貴志 和生 医師 Kazuo Kishi

美容外科を含めたすべての手術は傷を作り、それが治る仕組みを利用しています。このため手術手技が器用でも、術者が傷が治るメカニズムを理解していないといい結果は伴いません。
形成外科・美容外科に関する様々なお悩みを、患者様と一緒に考え、相談していきたいと思います。

専門分野

  • 形成外科一般
  • 乳房再建
  • 悪性腫瘍切除後再建
  • 外鼻再建
  • 母斑・血管腫
  • 瘢痕・ケロイド
  • 褥瘡・難治性潰瘍

学歴

1988年3月 慶應義塾大学医学部卒業

経歴

1988年4月 慶應義塾大学医学部研修医(形成外科学教室)
1990年4月 浦和市立病院(現さいたま市立病院)外科医員
1994年5月 慶應義塾大学助手(医学部・形成外科学教室)
1996年6月 英国マンチェスター大学生物科学部留学
1998年6月 済生会中央病院形成外科医員
1999年4月 慶應義塾大学助手(医学部・形成外科学教室)
2004年4月 慶應義塾大学学部内講師
2005年9月 慶應義塾大学専任講師
2011年4月 慶應義塾大学形成外科学教室教授

認定資格等

日本形成外科学会 理事
日本頭蓋顎顔面外科学会 理事
日本創傷外科学会 理事
日本レーザー医学会 副理事長
日本創傷治癒学会 理事
日本形成外科手術手技学会 理事
日本シミュレーション外科学会 理事
日本レックリングハウゼン病学会 理事
日本頭蓋底外科学会 評議員
日本抗加齢医学会 評議員
日本再生医療学会
日本炎症・再生医学会
日本マイクロサージャリー学会
Wound Repair and Regeneration Editorial Board
International Wound Journal (Blackwell)  Editorial Advisory Board

貴志 和生教授による特別専門外来