フォスファチジルコリン

フォスファチジルコリン(phosphatidylcholine)は美容外科では脂肪溶解注射(メソセラピー)の注射の主成分として用いられます。詳しくは「脂肪溶解注射」をご参照ください。脂肪溶解注射の主成分であるフォスファチジルコリンはリン脂質の一種でレシチンの中に存在します。卵黄もしくは大豆から製造されています。

フォスファチジルコリンは脂肪溶解注射の主成分としての作用以外に、HDL(high density lipoprotein:善玉コレステロール)の構成成分でもあり静脈内投与によりコレステロールを下げる作用が認められてます。

また肝臓機能保護作用があり肝機能障害がある方の治療にも使用されてきました。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約