脂肪吸引手術 ~手術後の注意事項:ダウンタイム~

脂肪吸引の手術後の注意事項におけるダウンタイムについてわかりやすい動画、画像とともにご紹介します。

[目次]

動画で解説

脂肪吸引の手術後の注意事項

術後のダウンタイムの一般的な症状と、副作用及び合併症などにより見られる症状を知っておくと、術後のケアにも役立ちます。

ダウンタイムの主な症例

脂肪吸引の手術後に、患部の違和感と痣、腫れ、しこりなどの症状が残る期間をダウンタイムといいますが、これは手術の際に生じたダメージが回復する自然な過程です。

違和感と痣(あざ)

違和感と痣は脂肪を除去する際に起きた刺激と出血によって発生しますが、通常1週間ほどで回復します。

腫れ

腫れは手術の際に使われるチューメセント溶液によって生じますが、約2週間が経つと溶液が完全に排出されるため、腫れも自然に治まります。

しこり

皮膚がしこりのように硬くなる事がありますが、大体2ヶ月経つとなくなります。
皮膚の弾力によって期間の差は発生しますが、基本的には大きな問題にはならず、きちんと回復します。

感覚異常

まれに手術の部位がチクチクしたり、かゆみやしびれを感じる場合がありますが、それは傷つけられた神経が再生される時の感覚なので数ヶ月経つと自然に無くなります。

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

脂肪吸引・痩身・部分痩せ施術

脂肪吸引・痩身・部分痩せ施術の症例写真