脂肪吸引手術 ~手術後の注意事項:ダウンタイム~

今回は、脂肪吸引の手術後の注意事項における、ダウンタイムに関して解説します。

脂肪吸引の手術後の注意事項

術後のダウンタイムの一般的な症状と、副作用及び合併症などにより見られる症状を知っておくと、術後のケアにも役立ちます。

ダウンタイム

脂肪吸引の手術後に、患部の違和感と痣、腫れ、しこりなどの症状が残る期間をダウンタイムといいますが、これは手術の際に生じたダメージが回復する自然な過程です。

違和感と痣は脂肪を除去する際に起きた刺激と出血によって発生しますが、通常1週間ほどで回復します。

腫れは手術の際に使われるチューメセント溶液によって生じますが、約2週間が経つと溶液が完全に排出されるため、腫れも自然に治まります。

皮膚がしこりのように硬くなる事がありますが、大体2ヶ月経つとなくなります。
皮膚の弾力によって期間の差は発生しますが、基本的には大きな問題にはならず、きちんと回復します。

まれに手術の部位がチクチクしたり、かゆみやしびれを感じる場合がありますが、それは傷つけられた神経が再生される時の感覚なので数ヶ月経つと自然に無くなります。

次回は、脂肪吸引の手術後の注意事項として、陥没などの副作用に関して解説します。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約