小鼻を小さくしたいなら小鼻ボトックスより小鼻縮小(ケーブル法)がおすすめ!

小鼻を手っ取り早く小さくしたいのなら、クリニックでの美容整形がおすすめです。施術をすればすぐに小鼻を小さくできるので、毎日念入りにメイクをする必要がなくなります。

小鼻を小さくする施術には「小鼻ボトックス」と「小鼻縮小」がありますが、実は小鼻ボトックスより小鼻縮小の方がおすすめです。

今回は小鼻ボトックスと小鼻縮小を比較して、小鼻縮小がおすすめの理由を説明するので、小鼻を小さくする美容整形に興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

小鼻を小さくする施術には色々な種類がある

鼻を小さくする美容整形には色々な種類があるのですが、鼻のどの部分が大きく見えるかで合う施術は変わってきます。また、目指す鼻の形や顔の雰囲気でも変わるので、施術の方法を具体的に決める前に、どんな鼻にしたいのかイメージを固めておきましょう。

鼻の大きさに悩む人の多くは、鼻の穴の周りにある小鼻の大きさに悩んでいます。小鼻が大きいと男性っぽい顔立ちになるので、メイクをしてもなんとなく映えない気がしてしまいますよね。

小鼻を小さくしたい場合の施術にも種類がありますが、ポピュラーなのは「小鼻ボトックス」と「小鼻縮小」の2つです。どちらも施術前より小鼻は小さくなりますが、比較すると小鼻縮小の方がおすすめになります。その理由とそれぞれの施術がどんなものなのかを次の章で説明していきましょう。

小鼻を小さくしたいなら小鼻ボトックスより小鼻縮小がおすすめ!

小鼻ボトックスと小鼻縮小はどちらも小鼻を小さくできる施術ですが、比較すると様々な点で違いがあります。なぜ小鼻縮小の方がおすすめなのか、詳しく説明していきましょう。

小鼻ボトックスってどんな施術?

「小鼻ボトックス」とは、ボトックスを注射器で注入することで小鼻にする施術です。ボトックス注入は小鼻の改善だけでなく、シワやあごの凸凹にも使われる施術ですが、一度注入すれば終わりではありません。ボトックスの種類にもよりますが、継続する期間は3〜6ヶ月くらいなので、小鼻をキープしたければ定期的にボトックスを注入する必要があるのです。

また、小鼻ボトックスの施術は5〜10分と短時間で終わるのが特徴になります。赤みや内出血、腫れが出る場合もありますが1週間くらいで自然と治っていくので安心しましょう。

小鼻縮小ってどんな施術?

「小鼻縮小」とは、鼻に細い糸を通して小鼻にする施術です。この小鼻縮小は小鼻を小さくしたい人だけでなく、丸みや幅に悩んでいる人にも効果があります。小鼻縮小の施術は糸の引っ張りによってどのくらいまで鼻を小さくするか変わるので、元の鼻の形と仕上がりのイメージに合わせて切る部分を決めていくのが一般的です。

「糸を通すなんて痛みが強いのでは」と心配する人もいるでしょうが、小鼻縮小は局所麻酔を使うので強い痛みを感じることはありません。抜糸は不要なので、わずか10分程度の施術で理想の鼻の大きさにキープされます。メイクや洗顔も翌日からOKなので、ダウンタイムが少ないのがメリットの一つです。

小鼻縮小がおすすめの理由は?

小鼻ボトックスの方が注射するだけと簡単なので、施術に不安がある人は小鼻縮小ではなく小鼻ボトックスを選びたいと思うかもしれません。しかし、小鼻ボトックスは液体を注入する方法なので、入れる位置の調整が難しく、理想の鼻の形をキープしにくいのです。

そのためイメージしていた鼻の形と違っていたり、わずか数週間で元に戻ってしまう場合もあります。これでは繰り返し施術を受けないといけませんよね。

「一度やってみたい」という程度なら小鼻ボトックスでも構いませんが、半永久的に小鼻を小さくしたいのなら小鼻縮小の方が1回の施術で終わります。小鼻縮小の施術は局所麻酔を使えば痛みを抑えられますし、施術にかかる時間は小鼻ボトックスとあまり変わりません。何度も通ってボトックス注射をするのは大変なので、小鼻縮小で済ませておく方が効率的と言えます。

まとめ

今回は小鼻ボトックスより小鼻縮小をおすすめしていますが、もしどちらか迷っているのなら一度クリニックの医師に相談してみると良いです。どんな施術が合うのかは人によって違います。それに施術は費用がかかるものなので、自分が納得できる方法を選ぶのがベストです。

医師はたくさんの患者さんの施術を経験しているので、一番満足できる方法のアドバイスをくれます。実は小鼻を施術するより他の方法の方が効果的だったという場合もあるので、迷った時はひとまずカウンセリングで相談してみましょう。

小鼻が小さくなれば、顔の印象もガラッと変わってきます。自分で小さくできなくもないですが、時間がかかったり一時的な方法なのでキープは難しいのです。小鼻が小さい状態をずっとキープしたいのなら、ぜひ小鼻縮小の施術を視野に入れてみてくださいね。

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら
(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科
(美肌・レーザー)
フィラー
(注入治療)
審美歯科
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約