鼻手術 ~鼻尖形成手術/低い鼻について~

鼻尖形成手術についてわかりやすい動画、画像とともにご紹介します。

[目次]

動画で解説

低い鼻の鼻尖形成手術

鼻尖整形手術について

鼻尖形成手術とは?
鼻先が低かったり短かったりという悩みや、逆に長すぎるという悩みを解決するために、 鼻先の形を改善するための手術です。

低い鼻の鼻尖形成手術

低い鼻の原因として、大鼻翼軟骨が小さいことと軟骨の位置関係が悪いことが挙げられます。
これらを改善するためには、大鼻翼軟骨の形を縫合で整え、再配置する方法と、自身の耳の軟骨を移植したりする方法があります。

軟骨形成による鼻尖形成手術

大鼻翼軟骨を剥離して、縫合により再配置する事で鼻尖の形を整えます。
その際に、より鼻尖を細くしたり、鼻尖を下方に下げたりする事ができます。

軟骨移植による鼻尖形成手術

大鼻翼軟骨の間に、耳介軟骨を加工したものを用いてストラット(支柱)を立てたり、右図のように鼻尖部を尖らせる為に、軟骨をオンレイグラフトします。

鼻尖部の軟骨でTポーションを作る事で、鼻尖の形態をこのように改善することができます。

低い鼻の鼻尖形成手術の症例写真

短い鼻の鼻尖形成手術

短い鼻の原因としては、鼻中隔がそもそも短い場合と大鼻翼軟骨の位置が頭側にある場合があります。
また、鼻根部が低いなどの原因で鼻先が上を向いているために、鼻が短く見えることもあります。

この様な場合には、鼻中隔軟骨を用いた鼻中隔延長手術や、大鼻翼軟骨を再配置しカウダルローテーション(下方への回旋)させる方法を検討します。鼻背部が低い場合には、シリコンプロテーゼによる隆鼻術も念頭に入れなければなりません。

隆鼻術

主にはシリコンプロテーゼを使用しますが、どうしても嫌な場合は、ご自分の真皮脂肪を使うこともできます。
ヒアルロン酸の注入を選択する方もいます。
最近では、エル型のプロテーゼは使用しません。鼻尖の皮膚に悪影響を与えるからです。
鼻尖の挿入物は自家軟骨でなければいけません。

軟骨形成

いわゆる、カウダルローテーション(下方への回旋)です。
大鼻翼軟骨を剥離して、下方に再配置する事をカウダルローテーションと言います。
短い鼻の場合には、必須の処置になります。 より効果を出すために、先述のストラット(柱)移植や、鼻中隔延長手術と組み合わせることがあります。

鼻中隔延長

自身の鼻中隔軟骨などを用いて鼻尖部~鼻柱を下げる方法を鼻中隔延長手術と言います。
これも、短い鼻を矯正する事ができます。

これらの方法を、ケースにより組み合わせて短い鼻の改善に用いています。

短い鼻の鼻尖形成手術の症例写真

長い鼻の鼻尖形成手術

長い鼻の原因としては、鼻中隔軟骨が長い事が挙げられます。その事により、大鼻翼軟骨の位置が下方に垂れ下がった様な形をしています。

長い鼻の改善方法について解説します。
まず、長い鼻中隔軟骨を切除します。
その後、大鼻翼軟骨を頭側に引き上げるように再配置します。

鼻中隔軟骨の切除

日本では、長い鼻が好まれるため、このケースは多くありませんが、鼻尖が垂れ下がり過ぎている様な鼻は、この手術が適しています。

大鼻翼軟骨の再配置

この手術方法は、鼻中隔延長手術を受け、延長され過ぎた場合や、曲がってしまった場合などの、修正手術に用いることがあります。

この様に、長すぎる鼻を改善することができます。ただし、日本では、アップノーズを好む人は少ないので、この様な手術をする際には、医師と出来上がりのイメージをよく話しあっておく必要があるでしょう。

長い鼻の鼻尖形成手術の症例写真

鼻の美容整形技術なら東京美容外科

東京美容外科公式LINEに鼻専用相談室がございます。
東京美容外科鼻専用相談室では、LINEでドクターとカウンセリングが可能!專門医師と理想の鼻について直接相談することが出来ます。
お気軽にご相談ください。
東京美容外科公式LINEに鼻専用相談室

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約