諦めたくない!わきがの解消方法

わきがの正体は"アポクリン腺"!

日本では微妙にマイノリティな"わきが"。周囲に臭わないか、本人は気になってしまいますよね。わきがの元になっているのは、脇にある汗を出す分泌腺の一種「アポクリン腺」。これを、皮ふ上にいるさまざまな細菌が分解することによって独特の臭いを放つのです。ということは、理論上は、わきに汗をかかない状態にすることで、臭いは防げるわけです。ですが、汗をまったくかかないというのは無理があります。そこで、お風呂はきちんと湯船につかる、外出先でこまめに汗を拭く、といった日頃のケアが重要になります。


タオルでこまめに拭き、衣類も清潔に

わきがの臭い対策はいくつかありますが、もっとも手軽なのはタオルでこまめに拭くこと。特に濡れたタオルは、臭いの原因となる皮脂や細菌をきれいに拭きとってくれるので、外出先などに持っていくと重宝するでしょう。ただし、使ったタオルで何度も拭くと、タオルに臭いがついてしまうので、タオルは常に洗って清潔に。また、わきに密着している衣服は大量に汗を吸っており、この汗が乾くと臭いを発する原因になってしまいます。下着やTシャツをこまめに変えるだけでもわきがの臭いを防ぐことは可能です。


制汗剤やデオドラントグッズを使う

ドラッグストアなどでたくさん販売されている制汗剤やデオドラントクグッズの力は、ぜひとも借りたいところ。一般的な「汗臭さ」を対象とした商品のほうが多いかもしれませんが、わきが対策用品というのもあります。スプレータイプのものより、肌に直接塗るタイプのほうが、臭いの軽減が期待できるとも。何度か試して、自分に合ったものを選んでみてください。ところで、制汗剤やデオドランドグッズは、つけることで汗腺をふさぐため、長時間使わないほうが良さそうです。濡れタオルで拭き取るか、必ずお風呂で洗い流すようにして、そのまま寝ないようにしましょう。


わきが手術で臭いの元を取る

暑い夏場や、わきがの臭いが重度の場合、最終的にはわきがを手術で治すという方法があります。これは、臭いの元となるアポクリン腺を取り除くもの。わきの下をメスで切開して直接アポクリン腺を取り除く方法や、専門器具でアポクリン腺を吸収して取り除くなど、いくつか種類があります。各々のメリットやデメリットをきちんと医師と相談しながらおこなってください。また、自分がわきがだと思い込んでいるだけだったり、臭いの原因が曖昧な場合で手術を受けても、あまり結果は期待できません。事前にしっかり診断を受けることが大切です。
わきがの気にし過ぎがストレスになり、さらに臭いが強くなるともいわれます。一人で悩まず、まずは専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約