多汗症の悩みと原因とその対策


多汗症の人が悩むこと

「汗かき」では済まないほどの汗が出て、それほど暑い日ではなくても、特に緊張しているわけではなくても、日常生活に支障をきたしてしまうほど大量の汗をかいてしまうのが「多汗症」です。

多汗症の人が抱える主な悩みには、下記のようなものがあります。
・他人が気持ち悪がるので、手をつなげない
・お化粧がすぐに落ちてしまう
・紙やパソコン、また店頭の商品など、触ったものが濡れてしまう
・裸足で歩くと跡が残る
さらに、「汗が止まらないのではないか」「周りに迷惑ではないか」など常に気にしてしまい、精神的にも辛くなってしまいます。

多汗症は、どういう病気?

多汗症とは必要以上の汗をかいて、皮膚が汗で濡れてしまい、その汗が止まらない症状です。
多汗症には、汗をかく場所によって、いろいろなタイプがあります。
・手のひら:手掌多汗症
・足の裏:足底多汗症
・わきの下:腋窩多汗症
・顔面:顔面多汗症
・頭部:頭部多汗症
・全身:全身多汗症
また、汗をかく程度によって、汗で困ることはない重症度1から、日常生活で常に困っている重症度4まで分類され、3以上は対策が必要とされています。
簡単にできるワキガのセルフケアとは?

簡単で手軽なワキガ対策は、アポクリン汗腺からの汗に細菌が繁殖しないように、入浴やシャワーで汗を流すことです。細菌の繁殖を防ぐため、消毒用エタノールでわきの下を拭いたり、わきの毛を脱毛したりすることも効果的です。
さらに、衣服についた汗でも細菌は繁殖し臭いは発生します。体だけではなく衣服のお手入れも忘れないようにしましょう。
また汗の臭いは、皮脂腺から分泌される皮脂と混ざると強まる性質があるため、アポクリン汗腺からの汗に皮脂が混ざると、ワキガの臭いも強くなってしまいます。
皮脂腺からの分泌量は、動物性脂肪を多く摂ると増えるため、食事の内容にも気を付けましょう。

多汗症とワキガは原因が違う!

「多汗症」と「ワキガ」は、同じ「汗」が原因で起こる症状です。
しかし、多汗症だからと言ってワキガになるわけではありません。なぜなら、汗が出ている汗腺が異なるからです。
汗を出す汗腺には2種類ありますが、多汗症は、「エクリン汗腺からの汗」が原因です。エクリン汗腺からの汗は水分がほとんどでさらさらしているため、汗自体に臭いはありません。すぐに汗を流せば、臭うことはないのです。
一方、ワキガは「アポクリン汗腺からの汗」が原因で起こる症状なのです。

多汗症の対策、治療法は?

多汗症対策というと、汗をかいたらシャワーで流す、タオルで拭く、などが考えられますが、それができない場合もありますし、季節に関係なく大量の汗をかくので、治療も検討したいですよね。
手軽な方法としては、発汗を押さえる作用のある塩化アルミニウムを配合した制汗剤の使用が有効です。
それでも効果がない場合は、専門家へ相談することをおすすめ。皮膚科やクリニックでは、ボトックス注射、イオントフォレーシス、超音波、星状神経節ブロック、交感神経切除術などの施術を行っています。
多汗症対策や治療、多汗症の度合いに合わせて悩みを解消しましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約