男性だけではなく、多くの女性もワキガ治療法を探しています

女性のワキガ率

ワキガに悩む女性は少なくありません。男女の比率を見てみると、3:7で女性のほうが多いというデータもあります。医学的にもその根拠が示されており、以下のような理由が挙げられます。
1女性は男性よりも脂肪が多いため、アポクリン汗腺が活発に働く
2アポクリン汗腺の保有数が多い
3女性ホルモンがアポクリン汗腺の働きを後押しする
女性は身だしなみに気を使うため、自分が発するワキガの臭いに敏感です。そのため、女性のほうが、ワキガの治療を受ける率も高い傾向にあるのです。

ワキガの種類に合った制汗剤を使用しよう

ワキガにも種類があります。種類に合った制汗剤を使用しなければ、臭いを抑えることはできません。まず、ワキガの種類を知っておきましょう。
ワキガは大きく2種類に分けられます。
「強いワキガ」と「中度のワキガ」です。この違いは耳垢で見分けることができます。
ワキガ体質の人は、耳に湿った耳垢が多くみられます。強いワキガの人は耳垢の色が茶色く変色していることが特徴です。
強いワキガの人は、強い殺菌能力のある塩化ベンザルコニウムを含む直塗りの制汗剤がおすすめです。
耳垢の色の薄い中度のワキガであれば、殺菌力がおだやかなフェノール含有のスプレーと汗拭きシートを使用するとよいでしょう。

ワキガ治療の種類

制汗剤やデオドラント剤で臭いを抑えることは可能ですが、根本的にワキガを治したいのなら、医療機関での治療を検討してみることも一案です。
手軽にワキガを治療したい場合にはボトックス注射による治療方法があります。
ボトックス注射に用いるボツリヌス菌には、汗の発生源である汗腺の働きを抑制する効果があり、臭いと発汗を同時に抑えることができます。ただし効果は半年ほど。定期的な治療が必要です。半永久的な効果を得るためには、皮膚を切開し汗腺を取り除く手術法もあります。
ワキガ治療には様々な種類があるため、事前にしっかりとカウンセリングを受け、自分に合った治療法を選びましょう。

ワキガを治してコンプレックス解消

日本人のワキガの割合は10%~15%。欧米人に比べると数は少ないといわれていますが、日本人は世界でも有名な清潔好き。そのため、密かに自分の体臭に悩みを抱えている人も多いと推測されます。
ワキガのセルフケア法には先に挙げた制汗剤に加え、適度な運動により日頃から汗をかいて、新陳代謝を高める、ワキガを強くさせる刺激のある食べ物を避けるなどの対処法もあります。しかし、どんなに手を尽くしても効果が感じられない場合は、美容外科や皮膚科への受診も視野に入れてみましょう。症状によっては保険適応で治療を受けられるケースもあるため、医者に詳しく相談をしてみることをおすすめします。

お電話でのご予約はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約

この記事の監修医師

医療法人社団東美会 理事長 兼 東京美容外科 統括院長
麻生 泰 医師

・慶應義塾大学医学部 非常勤講師
・日本形成外科学会
・日本美容外科学会
・日本マイクロサージャリー学会

プロフィール詳細はこちら

ワキガ・多汗症の目的別施術方法

ワキガ・多汗症施術の症例写真