一人で悩んでいませんか?ワキガの可能性をチェックするポイント10


何だか臭いが気になる...もしかしてワキガ?

ワキガは、独特の強い臭いを放つことで知られています。汗をかく量が多い時期や、ふとした瞬間に「自分の汗が臭いかも」と思って不安になることも。
しかし実は、人間がかく汗そのものには臭いがなく、わきの下にいる細菌が汗を分解することによって、ワキガ特有の臭いが発生します。そのため、汗の臭いがする人が全員ワキガであるという訳ではありません。
そこで今回は、ワキガの可能性があるかを知るために体質と日常生活の2つに焦点を当てたセルフチェックポイントについてご紹介します。

ワキガのセルフチェックポイント~体質編~

ワキガの原因の一つとしてまず上がるのが、体質的なもの。まずは以下の質問に当てはまるかをチェックしていきましょう。
1.ワキガの家族がいる
ワキガは遺伝します。両親がワキガの場合、その子どもがワキガになる確率は60~80%と高確率です。
2.冬でもわきに汗をかく
汗をかきやすい体質の方は、わきの下の細菌も増えやすい状態にあります。
3.耳垢が湿っている
耳の中にはわきと同様、アポクリン腺という汗を出す分泌腺があります。そのため耳垢が湿っているひとは体質的にワキガになりやすいのです。
4.わき毛の量が多い
わき毛部分は皮脂や汚れがたまりやすく、細菌が繁殖しやすい環境になっていることも。

ワキガのセルフチェックポイント~日常生活編~

次にワキガの原因となるのが日常生活です。
5.肉類や乳製品を良く食べる
食事で摂取するものは汗にまざりやすく、皮脂の分泌も増えます。
6.便秘しがち
老廃物は汗としても排出されるため、臭いがきつくなる原因に。
7.入浴よりシャワー
シャワーだけでは体は十分温まらず、老廃物や皮脂を排出する効果が得られません。
8.服のわき部分が黄ばみやすい
黄ばみの理由は皮脂やアンモニア。細菌が増えやすい環境になっています。
9.脱いだ服からツンとした臭いがする
ツンとした臭いがするときはワキガの可能性が。
10.他の人に臭いを指摘される
家族や友人に臭いを指摘された経験のある方は注意が必要です。

セルフケアで改善しないワキガは一人で悩まず相談を

ワキガを改善するには、汗の分泌を抑えることと、細菌を減らす環境づくりが大切です。そのため制汗スプレーを使って汗の分泌を抑制し、殺菌や抗菌効果のあるアイテムを併用すると良いでしょう。殺菌効果のあるデオドラントを活用するのもおすすめです。また臭いが強いという方はスプレータイプよりも直接塗れるロールタイプを活用しましょう。
「体を清潔に保つこと」がワキガ対策のポイントですが、どんなに気を遣っていても症状が軽くならない場合も。そんな時は一人で悩まず、専門家のカウンセリングを受けましょう。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品・メディカルコスメ
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約