メラニン標的レーザー

レーザーといっても色々種類があります。これらルビー、アレキサンドライト、Nd:YAGレーザーなどは、従来、しみの治療に用いられてきたレーザーで、メラニンが吸収する波長帯である590nmから1000nm付近の波長が使われます。皮膚に与える熱障害を少なくするためにQスイッチタイプのレーザーが用いられることが多いです。 

Qスイッチタイプの各レーザーは老人性色素斑、雀卵斑、太田母斑などに主として使用されますが、肝斑や炎症後色素沈着は増悪させる場合も多いので注意を要します。

診療科目一覧

目元の整形
鼻の整形
顎・輪郭・えら(小顔 整形)
エイジング(若返り)

美容皮膚科(美肌・レーザー)
フィラー(注入治療)
豊胸・ボディ形成
脂肪吸引・痩身・部分痩せ
婦人科・女性器
その他
発毛・育毛治療
ワキガ治療・多汗症
刺青・その他
点滴・注射・薬品
男性専門
発毛・育毛治療(AGA治療)
男性整形

全国クリニック一覧

お電話でのご相談はこちら 0120-658-958 受付時間 9:00~21:00(年中無休)

無料カウンセリング予約

LINE予約